ホーム

HOME

企業活性化事業

business solution

個人情報保護方針

privacy policy

会社概要

about us

採用募集

recruit

お問い合わせ

contact

PPAソリューション

RPAソリューション

営業・マーケティングサービス

入札情報速報サ-ビスNJSS

動画制作DOUGAMN

SEO極cloud

seo内部施策

SLSD

らくらくログ解析

名刺デジタル化サービス

名刺デジタル化サービスLite

papatto

人事・採用支援ソリューション

採用適性検査『ProViT』

採用適性検査ツールTAL

Doctors Me

災害対策ソリューション

安否確認サービス

徘徊対策お守りGPS

非常食セットシリーズ

Posts Tagged ‘採用適性検査’

採用リスク低減コラムが好評です。

契約社員からの転換時に適性検査は必要か?

採用リスク低減コラムという記事のシリーズを、採用適性検査『ProViT』に関連して当社サイト上でアップしています。随分以前に「その6」をアップし、ようやく「その7」となる最新記事をアップしました。「その6」も1年ぶりの投稿だったのですが、1年ぶりのアップとなります。先日訪問したお客様から「コラム読んでとても勉強になった」と伺い、とてもうれしく思います。実践的な内容で書いておりますので、是非ご参考にされてください。
 
b0040332_20375197.jpg
検索で「契約社員から正社員転換する際に適性検査は?」といったワードでの検索が急増しているので、そのテーマで書いてみました。
 
実際の悲劇ともいえる実例を挙げて、今回のコラムを書いています。むしろ適性検査を必須で行うべきだと考える次第です。
 
なぜか?そのお話を書いています。読まれたら、まずご賛同いただけるのではないかなと思っています。知っているつもり、判っているつもりになるのが一番怖いし、リスクがあるということです。ということで採用適性検査『ProViT』は新卒にも、中途にも、そして契約社員からの正社員転換時にも、目からフィルターを取って、その人材の本質を見抜く検査です。

人事・採用関連ページ

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
その6:適性検査としての使用評価のポイント
その7:採用適性検査は契約社員から正社員の転換時にこそ必須
各種人事支援・採用支援サービス
・SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
・マイナンバー収集・保管クラウドサービス
・自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」
・ビビッド・ジャパンの採用支援ソリューション

採用適性検査の導入を強くお勧めしたいワケ

採用適性検査『ProViT』は、当社提供の史上最強だと心から思っている適性検査です。他の適性検査のように対策ができないものですから、スマホ、タブレット等からでも、どこでも受験できるようにした最初の適性検査がProViTなのです。その背景を意識せず、各社追随したため、多くの心理学系採用適性検査はネット上や書籍にあふれる模範解答通りの回答だらけ、対策通りの回答だらけになるような被害も出ているのです。

対策受検防止には?

b0040332_20404618.jpg
対策が出回っている心理学系の適性検査は、やはり採用担当者の目の前で受検させないといけないと思うのです。
 
目の前で受けさせても、対策が出回っていますから、やはり本質を把握できない厳しい結果となるかもしれませんが。
 
適性検査『ProViT』は脳科学統計学で構成されているため、対策を立てることは全くできないのです。そして英知とものすごい母数での統計から生み出されていますので、本質を突いた結果を提供できるのです。サイトページでのタイトルも『採用適性検査「ProViT」 で人材の本当の姿を』と謳っています。メンタル病理傾向やストレス耐性もくっきり浮かび上がらせます。企業様には無料で3名様までトライアル受検頂けます。是非適性検査の比較検討してみて下さい。
 
 

人事・採用関連ページ

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
その6:適性検査としての使用評価のポイント
その7:採用適性検査は契約社員から正社員の転換時にこそ必須
各種人事支援・採用支援サービス
・SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
・マイナンバー収集・保管クラウドサービス
・自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」
・ビビッド・ジャパンの採用支援ソリューション

採用事情が売り手市場だからこそ精査を

採用環境がますます厳しくなる昨今、人気業種、人気企業は売り手市場でも、選定が出来るほど応募がある事でしょう。しかしながら、不人気業種や中小企業となると、応募さえあれば、人材に難ありと判っていても、かなり目をつぶって採用に、という話をよく耳にします。その気持ちはよく解ります。しかし、結局はその採用が、会社自体を却って厳しい状況にすることだってあるのです。

b0040332_20303497.jpg
適性検査の結果に問題があるのは解っていても、若いしこれから鍛えていけば伸びるだろう。そう思いたいものです。
 
しかし、現実はそのような願望が通用しないことが殆ど。適性検査の分析結果は伊達にあるものではないのです。
 
特に適性検査の対策や模範解答が、書籍やネット上に出回っている心理学系の適性検査と異なり、当社の採用適性検査『ProViT』のように脳科学・統計学の適性検査は、誤魔化しや、小手先の回答が通用しません。
 
なので回答信頼度も高くなり、結果、その人物の本質をつぶさに分析する結果となるのです。採用は重要、でも採用が企業にとって、経営にとってマイナスになってはいけません。数ではないのです。やはり質なのです。是非適性検査の比較検討してみて下さい。
 
採用適性検査『ProViT』では無料トライアルができるようにしています。是非お試し下さい。
 

人事・採用関連ページ

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
その6:適性検査としての使用評価のポイント
その7:採用適性検査は契約社員から正社員の転換時にこそ必須
各種人事支援・採用支援サービス
・SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
・マイナンバー収集・保管クラウドサービス
・自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」
・ビビッド・ジャパンの採用支援ソリューション

採用NGとなる人は平均7人に1人

採用しちゃダメな人は平均7人に1人

平均すると14%、すなわち7人に1人、が採用すると経営リスクにつながる可能性がある人という判定が出るのです。そのリスクを回避しないでもかまないという企業様は、まずいらっしゃらないと思います。

後の祭りですが、採用して「面接では問題なかったんだが」と困った人材の対処に、苦労されている経営者の方々、人事の方々のお話はよく耳にします。 辞めさせるわけにもいかず、管理の労力と社内コストをかけてしまった話はうなずかれる人事の方も多いのではないでしょうか。b0040332_109533.jpg

一人採用するにはそのコストとして、平均300万くらいかかると言われています。どころか困った人材の対応に、さらに社内コストがかかるわけですから、相当な額になってきます。

1人当たりの受検料僅か3,000円でそのリスクを低減できるなら、採用リスクのある人材を見出すことに注力した、採用適性検査『ProViT』を導入することを強くお勧めします。

応募が少ない中、排除するための適性検査はちょっとなぁ、と抵抗のある企業様、不適正となる箇所が明確に出ます。是非適性検査の比較検討してみて下さい。

採用するしないは企業判断。NGとなっていてもマネジメントでカバーできるなら、その判断はツールの依るところでは有りませんが、リスの部分をケアできるのと、判らないままとでは、それだけでも随分違います。採用はやはりお勧めはしませんが、、、

採用適性検査『ProViT』無料トライアル受付中

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
その6:適性検査としての使用評価のポイント
その7:採用適性検査は契約社員から正社員の転換時にこそ必須
各種人事支援・採用支援サービス
・SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
・マイナンバー収集・保管クラウドサービス
・自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」
・ビビッド・ジャパンの採用支援ソリューション

「採用適性検査」の検索結果

「採用適性検査」の検索結果

当社で最も今今力を入れている、人事採用系ソリューションの採用適性検査『ProViT』。この採用適性検査はとても優れモノのなのです。今の時代企業の採用時には必須と思っています。まさに最強の採用適性検査だと自負しています。ですから、弊社採用適性検査『ProViT』紹介ページの検索エンジン対策にも相当な力を入れています。 b0040332_18414246.jpg

ビッグワードではありますが「採用適性検査」で検索すると上位に出るよう、これまた本業のSEO内部施策を頑張ってきておりました。

サービスリリース後早々に「採用適性検査」の検索で4位にまで来たのですが、その後下がってしまいました。 今は8位~11位辺りをうろついてしまっています。11位は2ページ目なので最悪です。

これはどうしたことかと調査していましたが、seoマスターProfessionalの総販売元であるDCC様より、いろいろ検証頂いた内容をアドバイス頂いたのです。Googleの内部施策以外のところでの細かい動きに、引っかかったようです。おそらくこうだという対策がいくつか見えたので、さぁやるか!と施策強化を行っている次第です。3位以内に入るのをお楽しみにしてください!因みに「適性検査 比較」では上位に出ています。

人事・採用関連ページ

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
その6:適性検査としての使用評価のポイント
その7:採用適性検査は契約社員から正社員の転換時にこそ必須
各種人事支援・採用支援サービス
・SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
・マイナンバー収集・保管クラウドサービス
・自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」
・ビビッド・ジャパンの採用支援ソリューション

採用リスクを考えない採用は…

採用リスクを考えない採用はもうやめませんか?

人材の採用は企業にとってとても大事なファクターであることに異論はないかと思っています。良い人材に恵まれれば企業は成長し、皆がハッピーに。しかし、問題となる人材を採用すると一転地獄となることも。

障碍者施設の元職員とか、情報漏洩により莫大な賠償になった採用とか。採用難業種でも同じです。 b0040332_2028087.jpg採用難が一層採用が厳しくなりかねません。応募があったからと言って、即採用というのはもう避けたいことです。涙を呑んで不採用とすべきこともあると思うのです。

採用した人が、入社数カ月もしないで、うつ病になり診断書を持って来て、大変な目に遭っている企業。 言うことだけ言うんだけど、全く動かない人、職場でコミュニケーションも協調性も欠けていて、そのために職場の優秀な人が辞めるような事態になった、など枚挙にいとまがありません。

全く心当たり無いな、当社の採用した人には。ProViTTALといった、「採用NGを見出す適性検査」を導入していないで、そう仰る企業様あれば、是非お目にかかってインタビューさせて頂きたいと心より思っております。採用リスクは避けるべきです。ご参考に「適性検査の比較研究」もご覧になってみて下さい。

採用適性検査『ProViT』は採用リスクを抑制

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
その6:適性検査としての使用評価のポイント
その7:採用適性検査は契約社員から正社員の転換時にこそ必須
各種人事支援・採用支援サービス
・SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
・マイナンバー収集・保管クラウドサービス
・自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」
・ビビッド・ジャパンの採用支援ソリューション

平均14%出現する採用NG

平均14%出現する採用NG

採用活動において、今やなくてはならないのが「採用適性検査」。最近では多くの企業が2種類以上の目的の異なる適性検査を導入してきています。多くは「学力や能力、良いところを見出し」て面接の補助とする役割を担う。

しかし、弊社が提供している採用適性検査『ProViT』は、能力や性格もレーダーチャートでちゃんと出しますが(しかも精度高く)、主眼は別。 b0040332_18245133.jpg主眼は「採用すると経営リスクにつながる人を採用しない」ための検査でもあるのです。

明らかなる採用NGを見出します。 メンタル病理発症傾向が高い、ストレス耐性がとても低い、又はとても高い(高すぎると鈍感すぎてこれもNG)、能力的に厳しい、バランスが悪いなど。

どれかに引っかかると採用NGの判定となります。更には採用不採用は面談などを通しての、個別判断になりますが、お金の使い込み傾向や情報漏洩の傾向なども見出します。そして離職の傾向も。これらは能力が高かったり、ある項目が秀でたりすると、その兼ね合いで個別に判定となるのですが、とても優れた適性検査です。その違い含めて「適性検査の比較研究」も是非ご覧になってみて下さい。

採用適性検査『ProViT』無料トライアルの勧め

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
その6:適性検査としての使用評価のポイント
その7:採用適性検査は契約社員から正社員の転換時にこそ必須
各種人事支援・採用支援サービス
・SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
・マイナンバー収集・保管クラウドサービス
・自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」
・ビビッド・ジャパンの採用支援ソリューション

採用で会社が傾くことも

採用で会社が傾くことも

採用による経営リスクって、こうも売り手市場だとあまり考慮されないことが多いですが、そのために見誤った採用で、とんでもない目に合った企業も多く出ています。中小なら会社の存続にかかわるほど、傾いてしまうこともあります。リスクのある採用ってどんなものがあるでしょうか。

b0040332_20404732.jpgひとつは、メンタル系の病理発症でしょう。どれだけベテランの面接官でもこれはそうは見抜けません。「発症傾向」ですから。

そしてストレス耐性、これも高ければ良いというわけでもないんです。高すぎると鈍感ですので、まず仕事で使えません。 また採用には相当なコストがかかっています(一人採用に300万ほどかかると言われています)。

すぐに離職するような傾向のある人物や、お金を使いこんじゃう、機密をつい漏らしてしまうなど、経営リスクになる人材は、採用しないに越したことはありません。平均14%採用NGの出現率です。採用適性検査『ProViT』がそれを見抜きます。無料トライアル受付けています。 色々な適性検査がありますが是非比較してみて下さい。「適性検査の比較研究」もご参照ください。

採用適性検査『ProViT』無料トライアルの勧め

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
その6:適性検査としての使用評価のポイント
その7:採用適性検査は契約社員から正社員の転換時にこそ必須
各種人事支援・採用支援サービス
・SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
・マイナンバー収集・保管クラウドサービス
・自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」
・ビビッド・ジャパンの採用支援ソリューション

経営リスクを低減する

経営リスクとなる人を採用しないために

人の採用は企業にとって成長の大きな要素であります。良き人材を集めるのに多くの企業が腐心し、時間とお金をかけています。しかし、問題を抱えた人材を採用すると大きな経営リスクにもなります。問題を起こすような人物だったり、精神的な病になったり、折角採用したのにすぐに辞めてしまったり理由は様々です。そんなリスクもはらんでいます。体力のある大手ならまだしも、中小やベンチャーでは、一人のそうした人材に受ける経営マイナスインパクトは、致命的にもなりかねません。面接だけでは、なかなかそうした内在する経営リスクを見抜けるものではありませんし、面接では確認しない要素でもあります。そうしたリスクを回避するために、採用適性検査ツールがあります。当社で扱っている採用適性検査『ProViT』も経営リスクを回避するための適性検査ツールとして、とても優れた結果を出すツールですので、検索されて弊社サイトへの来訪もダントツに多いのです。新卒採用ピーク時には学生さんからが圧倒的ですが、終わると企業様からの来訪がコンスタントに多くなっています。ご説明はいつでも上がりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。お待ちしております。

採用適性検査『ProViT』他人事サービス

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
その6:適性検査としての使用評価のポイント
その7:採用適性検査は契約社員から正社員の転換時にこそ必須
各種人事支援・採用支援サービス
・SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
・マイナンバー収集・保管クラウドサービス
・自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」
・ビビッド・ジャパンの採用支援ソリューション

WebサイトもBlogも適性検査ツールTAL

採用適性検査はメンタルチェック

新卒採用シーズンとなって参りましたので、検索による当社へのサイト来訪者が急増しています。そして同じく私のブログへの検索来訪者も増えています。検索キーワードは「TAL」「適性検査」です。今導入企業がとても増えている適性検査ツール「TAL」は、検索数も急増しています。

学生さんが対策探しで検索していらっしゃるのだと思います。当社としましては導入する企業側ですと嬉しいのですが。

学生さんには非常に申し訳ないですが、企業向けの紹介ページですので、対策やヒントになることは記載してはいません。

サイトとしても直帰率が急増しますので悲しい限りですが、それだけこのTALの導入運用企業が多いという事だと思っています。面接では見抜けない項目を見出してくれる、対策の立てようがないツールですので導入企業は増える一方です。私も利用者の一人として、このツールの凄さを知っています。企業人事採用担当の方に是非ご紹介したいです。是非適性検査の比較検討してみて下さい。

各種人事支援・採用支援サービス
SNSを活用した採用支援サービス
SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
最強最新の採用適性検査「ProViT」
採用適性検査「TAL」
適性検査の比較研究
マイナンバー収集・保管クラウドサービス
バーチャル会社説明会プレゼン動画『SVPPT』
法人向けWEB(PC/スマホ)医療相談「Doctors Me」 30分以内100%回答
自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」