ホーム

HOME

企業活性化事業

business solution

個人情報保護方針

privacy policy

会社概要

about us

採用募集

recruit

お問い合わせ

contact

RPAツールの比較と特長~6種厳選~

RPAツール比較実証ラボ開設

RPAラボ

以下に6種のツール比較をしていますが、当社ではそのうちの3種のツール、Automation Anywhere、UiPath、Verintの3種類に加え、期間限定ですが、WinActorもご用意しました。4種のRPAツールを実際にご用意し、いくつかの実業務でその動きの違いを見て頂けたり、実際に触って頂くことができる、RPAラボを開設しています。実際に見て触ってリアルに比較してみてください。

当社で提供しているサービスの一つ、入札情報速報サービスNJSSを題材に情報を取得して、EXCELにまとめるという業務を3種のツールで動くようにしています。またいくつかのリアルな業務を作ってお見せできるようにしています。貴社にとって最適なRPAツールはどれか事前検証ができる環境です。

実際に当社でお見せできるのは現在(2018年12月現在)では、この4種ですが、ベンダーさんのご協力が得られれば順次、RPAツールの種類を増やしていけたらと考えています。是非見に触りにいらしてください。お待ちしております。

RPAツール比較6選

RPAツール6選

Blue Prismにより、2005年に米国内金融業界における、顧客サービスの手作業プロセスの自動化が実現した事に端を発し、日本のRPA市場も急速に活況を帯び、国内のRPAツールベンダーも主要なところだけで数十社以上が名乗りを挙げた。アメリカを中心にヨーロッパなどのRPAツールベンダーも、続々と日本市場へと進出し始め、更にRPAツールの売上増加に伴い、RPAツールベンダーが乱立、急増している。
その中から、実践を通じてビビッド・ジャパンが、ここまでは比較の上で絞りましょうという、代表的な6つのRPAツールを比較してみます。

RPAツール厳選6選比較一覧

あまり多く羅列しても却って選択に支障をきたすと考え、サーバー型大規模統合型RPAツール2選、サーバーでもデスクトップでも比較的中研的に導入しやすいRPAツール2選、国内製品でデスクトップ型中心のRPAツール2選を弊社独断と偏見にて選定したもので一覧化しました。評価の良し悪しは一切入れておりません。また情報収集のタイミングで最新でない情報や、不明確な情報も含まれます。是非ベンダー様や詳しい方から、最新の情報頂けましたらと存じます。随時更新し、最新の情報でご案内してまいりたいと思います。
更にはここに挙げた6選のPPAツールがいつでも弊社にて、見て触って比較頂ける環境も構築するよう目指したいと思っています。

  RPAツール製品 本社 Sever型 DT型 言語 特長 ノウハウ・実績 最小構成価格 備考
1 Blue Prism UK   英語 2001年設立の元祖RPA
サーバー中央管理型
強度セキュリティ
きびしいセキュリティ対策機能を持ち、金融機関や大手企業での導入実績が豊富 1,200万円/年 高価、マニアックな設計
2 Automation Anywhere USA   英語 2003年に設立
高いセキュリティと高度な管理機能
米国内でのRPAシェアNo.1
業種問わず多数の実績
サーバ統合型では群を抜く
日本国内での稼働実績も高い
1万ドル/年
※約120万円/年
最低構成でサーバーのControle Room付き
3 UiPath USA 英語 動作シナリオの作成、実行、管理
支援などの機能群をモジュール化
国内でも大手金融機関や大手広告代理店などへのRPA導入実績を急速に伸ばしている 52.5万円/年 サーバー込構成400万円/年
4 Verint USA 英語 業務プロセス分析ソリューション
からの派生とも言われている
半自動の考えももっている
米国内では全自動型で多くの企業への導入実績を持つ、一方国内では半自動の導入が先行 100万円前後 全自動と半自動で大きく異なる
5 BizRobo! 日本 日本語 ウェブサーバーを1台用意するだけで、複数のロボットを作成でき、それらを同時に運用することができる。 400社以上の導入実績があり、国内実績No.1サービスとの声が高い 代理店毎異なる 1ヵ月間ロボットが作り放題・使い放題
従量課金型
月額定額料金でロボットが使い放題 等
6 WinActor 日本 日本語 国産RPAツール
国内ではシェアNo.1と評価
「管理ロボ」(サーバー)を提供
提供実績は300社超
金融系の実績が多い
90.8万円/年 実行版は標準版の4分の1強程度の価格
約24万円

※比較情報に誤りや最新ではない情報がございましたら、是非お知らせください。よろしくお願い申し上げます。
※実際のコンサル時にはRPAツール選定をお客様の業務用件や将来の展開計画などに基づき、選定支援を行います。サイト上では○×比較評価などは行いません。

RPAツール導入の考察

RPAツールの選択

対象業務と現状を照らし、RPA導入によって得られる効果とコストメリットを具体的に予測し、目標化した上で、自社に合ったツールを選択・導入することが重要になる。しかし、比較して触れる環境も、まして各RPAツールを実際に見て比較することは一般的には難しいのです。
是非当社「RPAラボ」で実際に見て触っていただき、実体感で比較頂きたいと思います。
一般的にPRA導入した上でのポイントは、大別すると次の3つになる。「売上の最大化」「コスト削減」「生産性の向上」である。
この3つのポイントを鑑みると、RPAを導入するということは、ITツールを入れてシステム構築といった、ITの導入といったシステム部門主導の従来的なものではなく、業務改革そして経営改革にひもづく「BPR」であることが理解されよう。

RPAとExcelマクロの違い

excelマクロ

Excelマクロは、「マクロの記録」機能を利用して一連の作業をExcelに覚えさせ、同じ操作が必要になったときには記録したマクロを「実行」することで、作業の自動化を実現させている。
マクロで作業手順を自動化できるのは、マイクロソフト社のマクロに対応したアプリケーションが中心となっている。また、Excel以外の複数のアプリケーションを連携させ、一度に自動化処理するには、かなりの高度な技術力が求められ、一般的には難しい。一方、比較するとRPAツールで作業手順が自動化できるのは、マイクロソフト社の製品はもちろんだが、さまざまなアプリケーションやウェブアプリケーションが最初から対象となる。
しかも、RPAツールは、ノンプログラミングな上にデスクトップライクな画面で、比較的直感的に操作できるので、プログラミング知識を持たない人でも簡単に操作できる、というメリットがある。

お問合せはこちら

 

RPAソリューション関係
RPAとは
働き方改革の切り札RPA
RPA導入その成功と失敗
RPA導入支援サービス
RPA技術者育成研修サービス
RPAツールの比較と特長
RPAラボ

営業支援サービス
SEO対策サービス
GAレポート(GoogleAnalytics解析レポート)
webサイト制作の理想形「SLSD」
来訪企業名がリスト化されるログ解析「らくらくログ解析」
SNS配信・運用・分析ツール「CLOUDPLAY」
・名刺デジタル化、スマホ活用名刺デジタル化サービス【Lite】
史上最速動画制作サービス「DOGAMAN」
エクゼクティブクラスのセミナー集客「大礼紙DM」
人事異動情報とWebの会社情報を紐づけた最強のターゲットリスト

 

RPAソリューション

営業・マーケティングサービス

入札情報速報サ-ビスNJSS

動画制作DOUGAMN

seoマスター

seo内部施策

SLSD

らくらくログ解析

名刺デジタル化サービス

名刺デジタル化サービスLite

papatto

人事・採用支援ソリューション

採用適性検査『ProViT』

採用適性検査ツールTAL

Doctors Me

災害対策ソリューション

安否確認サービス

徘徊対策お守りGPS

非常食セットシリーズ