トップページ 企業活性化事業 個人情報保護方針 会社概要 採用募集 お問合せ

採用リスク低減コラム

14%のリスクこのコラムでは、経営リスクを招くような人材を採用してしまうことを、如何に回避し、採用リスクを低減するかのコラムを掲載しています。
採用してもすぐに辞める、病理発症するなどで会社が被るコスト損失は、一人当たり300万円ほどだと言われています。
コストのみならず、対応に多くの労力をとられ、会社の根幹を揺るがすようなケースもあるようです。
そのようなリスクを回避する、低減につながるヒントになるような情報を書き綴りたいと思います。
皆様のご参考になれば幸いです。

掲載コラム一覧

2017.03.28 その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
応募難から精査せずに来るもの拒まずで採用すると、様々な経営リスクが生まれます。わかっているけど何とかなると楽観的な採用をしていると経営危機に陥るような事故も起きかねません。新聞記事も一つ例に挙げて採用リスクを考察します。
2016.12.08

その4:採用適性検査の種類と使い分け
採用適性検査にはどういった種類のものがあり、どう選択肢、どう組合せたりして活用するのが良いのでしょうか。
適性検査をどう上手に活用するかのご参考に、その種類と使い分けの考察をしてみたいと思います。

2016.09.12 その3:採用リスクの避け難きものはなにか
採用リスクはある程度回避できます。脳科学統計学系の適性検査ツールでは14%のその採用リスクとなる人材の採用は回避ができるのですが、それをもってしても、避けられない採用リスクというものが1%あると言われています。その考察をしてみたいと思います。

2016.07.15

その2:採用適性検査の用途による使い分け
採用適性検査には多くの種類がありますが、大きくは2種類に大分類され、その用途は全く異なるところにあります。どういう用途に大別され、その中で何を使っていくのかを考えます。

2016.06.24

その1:採用による経営リスクを考える
採用リスク、採用による経営リスクとはどんなことがあるのでしょうか。早々の退職、メンタル病理の発症、能力の高低さが激しく活躍できない、等々、売り手市場だからこそ考えるべき採用リスクを考察します。

 

人事・採用関連ページ

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
各種人事支援・採用支援サービス
・SNSを活用した採用支援サービス
・SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
・マイナンバー収集・保管クラウドサービス
適性検査の比較研究
・バーチャル会社説明会プレゼン動画『SVPPT』
・法人向けWEB(PC/スマホ)医療相談「Doctors Me」 30分以内100%回答
・自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」
・ビビッド・ジャパンの採用支援ソリューション

営業・マーケティングサービス

入札情報速報サ-ビスNJSS

動画制作DOUGAMN

seoマスター

seo内部施策

SLSD

らくらくログ解析

GAレポート

名刺デジタル化サービス

名刺デジタル化サービスLite

papatto

人事・採用支援ソリューション

採用適性検査『ProViT』

採用適性検査ツールTAL

マイナンバー収集保管

Doctors Me

災害対策ソリューション

安否確認サービス

徘徊対策お守りGPS

非常食セットシリーズ

防災丸かじりセット

防災あつあつセット

防災あつあつロングライフ

日常減災セット