ホーム

HOME

企業活性化事業

business solution

個人情報保護方針

privacy policy

会社概要

about us

採用募集

recruit

お問い合わせ

contact

PPAソリューション

RPAソリューション

営業・マーケティングサービス

入札情報速報サ-ビスNJSS

動画制作DOUGAMN

SEO極cloud

seo内部施策

SLSD

らくらくログ解析

名刺デジタル化サービス

名刺デジタル化サービスLite

papatto

人事・採用支援ソリューション

採用適性検査『ProViT』

採用適性検査ツールTAL

Doctors Me

災害対策ソリューション

安否確認サービス

徘徊対策お守りGPS

非常食セットシリーズ

採用リスク低減コラムが好評です。

契約社員からの転換時に適性検査は必要か?

採用リスク低減コラムという記事のシリーズを、採用適性検査『ProViT』に関連して当社サイト上でアップしています。随分以前に「その6」をアップし、ようやく「その7」となる最新記事をアップしました。「その6」も1年ぶりの投稿だったのですが、1年ぶりのアップとなります。先日訪問したお客様から「コラム読んでとても勉強になった」と伺い、とてもうれしく思います。実践的な内容で書いておりますので、是非ご参考にされてください。
 
b0040332_20375197.jpg
検索で「契約社員から正社員転換する際に適性検査は?」といったワードでの検索が急増しているので、そのテーマで書いてみました。
 
実際の悲劇ともいえる実例を挙げて、今回のコラムを書いています。むしろ適性検査を必須で行うべきだと考える次第です。
 
なぜか?そのお話を書いています。読まれたら、まずご賛同いただけるのではないかなと思っています。知っているつもり、判っているつもりになるのが一番怖いし、リスクがあるということです。ということで採用適性検査『ProViT』は新卒にも、中途にも、そして契約社員からの正社員転換時にも、目からフィルターを取って、その人材の本質を見抜く検査です。

人事・採用関連ページ

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
その6:適性検査としての使用評価のポイント
その7:採用適性検査は契約社員から正社員の転換時にこそ必須
各種人事支援・採用支援サービス
・SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
・マイナンバー収集・保管クラウドサービス
・自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」
・ビビッド・ジャパンの採用支援ソリューション

Comments are closed.