ホーム

HOME

企業活性化事業

business solution

個人情報保護方針

privacy policy

会社概要

about us

採用募集

recruit

お問い合わせ

contact

PPAソリューション

RPAソリューション

営業・マーケティングサービス

入札情報速報サ-ビスNJSS

動画制作DOUGAMN

SEO極cloud

seo内部施策

SLSD

らくらくログ解析

名刺デジタル化サービス

名刺デジタル化サービスLite

papatto

人事・採用支援ソリューション

採用適性検査『ProViT』

採用適性検査ツールTAL

Doctors Me

災害対策ソリューション

安否確認サービス

徘徊対策お守りGPS

非常食セットシリーズ

Archive for the ‘人事採用支援ソリューション’ Category

採用リスク低減コラムが好評です。

契約社員からの転換時に適性検査は必要か?

採用リスク低減コラムという記事のシリーズを、採用適性検査『ProViT』に関連して当社サイト上でアップしています。随分以前に「その6」をアップし、ようやく「その7」となる最新記事をアップしました。「その6」も1年ぶりの投稿だったのですが、1年ぶりのアップとなります。先日訪問したお客様から「コラム読んでとても勉強になった」と伺い、とてもうれしく思います。実践的な内容で書いておりますので、是非ご参考にされてください。
 
b0040332_20375197.jpg
検索で「契約社員から正社員転換する際に適性検査は?」といったワードでの検索が急増しているので、そのテーマで書いてみました。
 
実際の悲劇ともいえる実例を挙げて、今回のコラムを書いています。むしろ適性検査を必須で行うべきだと考える次第です。
 
なぜか?そのお話を書いています。読まれたら、まずご賛同いただけるのではないかなと思っています。知っているつもり、判っているつもりになるのが一番怖いし、リスクがあるということです。ということで採用適性検査『ProViT』は新卒にも、中途にも、そして契約社員からの正社員転換時にも、目からフィルターを取って、その人材の本質を見抜く検査です。

人事・採用関連ページ

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
その6:適性検査としての使用評価のポイント
その7:採用適性検査は契約社員から正社員の転換時にこそ必須
各種人事支援・採用支援サービス
・SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
・マイナンバー収集・保管クラウドサービス
・自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」
・ビビッド・ジャパンの採用支援ソリューション

適性検査の対策本

新卒採用シーズンになると、当社サイトに学生が大量に来訪します。名のある大学名でのアクセスが急増。その理由は「TAL 対策」「TAL 模範回答」時折「provit」。TALはシェアが高いので検索者数も多いです学生は対策ができない、ProViT/TALの適性検査に難渋しているのが、よく解ります。

b0040332_18405784.jpg

逆にProViT/TALのような脳科学でなく、心理学の適性検査は「対策本」「模範回答」が溢れています。

画像は適性検査の対策本です。ProViT/TAL以外は、ほぼ全部心理学系ですから、対策ができてしまうのです。

サイトに一問目を入れて検索すると模範回答も出るそうです。スマホで会社外で拘束せずに、受検させるとえらいことになります。8割が全く同じ結果になったという企業さんもあります。採用適性検査『ProViT』はスマホでも受検ができるようになった最初の適性検査ですが、それは対策ができないからなのです。それを真似ちゃダメですよね。是非適性検査の比較検討してみて下さい。

 

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
その6:適性検査としての使用評価のポイント
その7:採用適性検査は契約社員から正社員の転換時にこそ必須
各種人事支援・採用支援サービス
・SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
・マイナンバー収集・保管クラウドサービス
・自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」
・ビビッド・ジャパンの採用支援ソリューション

採用適性検査の導入を強くお勧めしたいワケ

採用適性検査『ProViT』は、当社提供の史上最強だと心から思っている適性検査です。他の適性検査のように対策ができないものですから、スマホ、タブレット等からでも、どこでも受験できるようにした最初の適性検査がProViTなのです。その背景を意識せず、各社追随したため、多くの心理学系採用適性検査はネット上や書籍にあふれる模範解答通りの回答だらけ、対策通りの回答だらけになるような被害も出ているのです。

対策受検防止には?

b0040332_20404618.jpg
対策が出回っている心理学系の適性検査は、やはり採用担当者の目の前で受検させないといけないと思うのです。
 
目の前で受けさせても、対策が出回っていますから、やはり本質を把握できない厳しい結果となるかもしれませんが。
 
適性検査『ProViT』は脳科学統計学で構成されているため、対策を立てることは全くできないのです。そして英知とものすごい母数での統計から生み出されていますので、本質を突いた結果を提供できるのです。サイトページでのタイトルも『採用適性検査「ProViT」 で人材の本当の姿を』と謳っています。メンタル病理傾向やストレス耐性もくっきり浮かび上がらせます。企業様には無料で3名様までトライアル受検頂けます。是非適性検査の比較検討してみて下さい。
 
 

人事・採用関連ページ

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
その6:適性検査としての使用評価のポイント
その7:採用適性検査は契約社員から正社員の転換時にこそ必須
各種人事支援・採用支援サービス
・SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
・マイナンバー収集・保管クラウドサービス
・自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」
・ビビッド・ジャパンの採用支援ソリューション

採用事情が売り手市場だからこそ精査を

採用環境がますます厳しくなる昨今、人気業種、人気企業は売り手市場でも、選定が出来るほど応募がある事でしょう。しかしながら、不人気業種や中小企業となると、応募さえあれば、人材に難ありと判っていても、かなり目をつぶって採用に、という話をよく耳にします。その気持ちはよく解ります。しかし、結局はその採用が、会社自体を却って厳しい状況にすることだってあるのです。

b0040332_20303497.jpg
適性検査の結果に問題があるのは解っていても、若いしこれから鍛えていけば伸びるだろう。そう思いたいものです。
 
しかし、現実はそのような願望が通用しないことが殆ど。適性検査の分析結果は伊達にあるものではないのです。
 
特に適性検査の対策や模範解答が、書籍やネット上に出回っている心理学系の適性検査と異なり、当社の採用適性検査『ProViT』のように脳科学・統計学の適性検査は、誤魔化しや、小手先の回答が通用しません。
 
なので回答信頼度も高くなり、結果、その人物の本質をつぶさに分析する結果となるのです。採用は重要、でも採用が企業にとって、経営にとってマイナスになってはいけません。数ではないのです。やはり質なのです。是非適性検査の比較検討してみて下さい。
 
採用適性検査『ProViT』では無料トライアルができるようにしています。是非お試し下さい。
 

人事・採用関連ページ

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
その6:適性検査としての使用評価のポイント
その7:採用適性検査は契約社員から正社員の転換時にこそ必須
各種人事支援・採用支援サービス
・SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
・マイナンバー収集・保管クラウドサービス
・自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」
・ビビッド・ジャパンの採用支援ソリューション

採用が企業を成長もさせれば傾きもさせる

採用が企業を成長もさせれば傾きもさせる

企業が人を採用するのは、企業の発展成長拡大を目的として、経営戦略の中でも重要な要素の一つであります。しかし、その採用が逆に大いなる足かせになることがあります。会社のリスクとなる採用、やはり防ぎたいものです。しかし、現実には面接だけでは見抜けないのが「人」。
b0040332_21423928.jpg友人経営者は採用した若手が何も仕事する前から、労働者権利を主張しまくり、挙句に会社の悪口をネットに書きまくり。
その友人はその対応に大わらはで、人手不足で採用したはずが、却ってその対応に追われますます仕事がパンク。
また、期待の新人が配属になって早々に、うつ病になって早くも休職、その対応に大騒ぎ。とか、膨大なコストと工数をかけて採用したが、最良いコスト回収どころか、さらなるコストと手間をかける羽目になり、退職。など人事採用担当の方の悲鳴をよく耳にします。採用が企業の経営リスクにならないように。水際で予防しないとですね。 
そうした、面接ではわからないところをつまびらかにするのが適性検査。特に脳科学統計学の採用適性検査『ProViT』では人の本当の姿を浮き彫りにします。「適性検査の比較研究」でもその違いをご紹介しています。ご参照ください。
 
採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
その6:適性検査としての使用評価のポイント
その7:採用適性検査は契約社員から正社員の転換時にこそ必須
各種人事支援・採用支援サービス
・SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
・マイナンバー収集・保管クラウドサービス
・自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」
・ビビッド・ジャパンの採用支援ソリューション

採用による経営リスクとは

採用による経営リスクを考える

当記事はサイト内で移動しました。「採用による経営リスクとは」はこちらへ

採用による経営リスクを考える

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
その6:適性検査としての使用評価のポイント
その7:採用適性検査は契約社員から正社員の転換時にこそ必須
各種人事支援・採用支援サービス
・SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
・マイナンバー収集・保管クラウドサービス
・自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」
・ビビッド・ジャパンの採用支援ソリューション

 

関連ツール「採用適性検査『ProViT』」ご紹介ページ

パートナー募集

ProViTパートナー募集

採用適性検査『ProViT』【地場に強いパートナー企業様募集】

ProViTは採用面接では分かりにくいストレス耐性やメンタル疾患発症傾向を把握し、採用リスクの低減につながる採用適性検査ツールです。
ProViT詳細→こちらから
現在、関東近郊のご利用企業様が圧倒的多数ですが、日本各地の企業様にもぜひご導入頂き、採用業務のお役に立ちたく、地域密着型のパートナー企業様を募集しております。
とても特徴的な強みのある適性検査です。自信をもっておお勧めできます。
是非「適性検査の比較研究」も御参考になさって下さい。

ご興味ございましたら、お問合せ下さい。

provit

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
その6:適性検査としての使用評価のポイント
その7:採用適性検査は契約社員から正社員の転換時にこそ必須
各種人事支援・採用支援サービス
・SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
・マイナンバー収集・保管クラウドサービス
・自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」
・ビビッド・ジャパンの採用支援ソリューション

2015年 新年あけましておめでとうございます。

 2015謹賀新年」

 

■営業支援販促サービス

・SEO対策とデザインの両方を実現した「見られるサイト」「成果を出すサイトの提供
SLSD:「SEO」&「LPO」&「SiteDesign」のコンセプトでLPやサイトリニューアルを「人の目」と「検索エンジンの目」両方に対応し、提供します。
seoマスターProfessional:SEOの最高峰、Googleのアルゴリズムを把握しつくしたツールの提供。
らくらくログ解析:来訪企業名まで把握できるサイトのログ解析ツールです。

Papatto企業情報リスト化サービス
サイト保有企業30万社分の企業情報をサイト記載事項をキーに検索出力し提供。「ニーズ」に近い情報を元にリスト化します。

入札情報速報サービスNJSS
5400超の機関から入札情報を収集。更なる充実した情報の収集と提供、弊社ではさらなる厚いサポートを提供して参ります。

名刺デジタル化サ-ビス【Lite(ライト)】
スキャナーまたはスマホでスキャンし、最短1時間、最長でも翌営業日中にデジタル化納品いたします。スマホ検索閲覧も便利。

プレゼン動画「SVPシリーズ」
訴求力の高い動画とプレゼンの融合、用途に応じて様々な構成で提供します。

 

■人事採用支援サービス

採用適性検査ツール「TAL」
面接では見えない部分を明確に把握します。採用による経営リスクを大きく軽減します。

Doctors Me(企業福利厚生サービスWeb医療相談)
パソコンやスマホからお医者さん、獣医さん、薬剤師さんに相談。30分以内に回答が。頼りになるあなたの主治医です。

 

■ソーシャルセーフティソリューション

安否確認・携帯連絡網サービス【KinQ.jp】
首都直下型地震が現実味を帯びつつある昨今、東に本大震災のあの大災害時にしっかり機能した他のサービスとは違う信頼性で提供。

災害時の非常食は「美味しい」非常食でパワーをつけましょう!
災害時こそ美味しい食事で前向きに元気を。期限切れ時にも美味しく召し上がって頂ける非常食シリーズです。
 

新卒採用ツールとしての動画

採用の応募獲得促進に動画制作サービスの活用を!

新卒採用の活動に向けた動画制作サービスがピークを迎えています。ヒューマンセントリックス社さんでは、もう皆さん終日撮影が毎日のようです。多くは会社説明会の動画版で、「バーチャル会社説明会」といわれるものですが、それ以外に、本日撮影したような、社員インタビュー動画も。会社説明会の冒頭などで流す動画として、社員の方々が、インタビューに答えて会社を紹介していったり、学生さんへの熱いメッセージだったり。社長からのメッセージなどもあり、会社を知ってもらうにはとても素敵で格好いい動画制作サービスです。社内の仕事風景も差し込まれますし。今日は午後ずっと撮影で、戻ってきてから提案書2本作成し、お客様の展示会アンケート&名刺の入力フォーマットの修正をしたり、とかなりの大忙しでした。動画撮影ですが、すこぶる順調で、それはお客様がインタビューのトークシートやカンペ、タイムスケジュールをばっちり準備されていたからです。何事もやはり準備が大事ですね。改めて学びました。是非適性検査の比較検討してみて下さい。

採用適性検査

採用適性検査の重要性を再度考察

企業にとって採用は、会社の将来を左右するといっても過言ではない、とても重要な意思決定が必要な最重要業務のひとつだと思います。面接ではその人物については、2%しか分からないともいわれていますので、企業側も中身まで見抜けず痛い目に合う事がままあるようです。採用は本当に難しいイベントです。
面接で見えない部分を測るために、採用適性検査ツールを活用することをお勧めします。そのツールにも色々あるようです。採用後の配属での適性を測るものを中心に沢山のツールがあります。また当社で取り扱っております独特の「ProViT」学生さんも就職を勝ち取るために必死です。本屋さんには適性検査ツールの対策本、攻略本が特集されているコーナーなんかもありますので、しっかり攻略されているツールを導入している企業様には、果たしてどこまでその検査結果を参照するか悩ましくなります。ProViT同様の採用適性検査TALには攻略本が出ていますが、正しくないようなのでまだ安心できます。企業も就活者もお互い必死なのです。是非適性検査の比較検討してみて下さい。

対策の立てられない採用適性検査

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
その6:適性検査としての使用評価のポイント
その7:採用適性検査は契約社員から正社員の転換時にこそ必須
各種人事支援・採用支援サービス
・SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
・マイナンバー収集・保管クラウドサービス
・自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」
・ビビッド・ジャパンの採用支援ソリューション