ホーム

HOME

企業活性化事業

business solution

個人情報保護方針

privacy policy

会社概要

about us

採用募集

recruit

お問い合わせ

contact

採用適性検査としての使用評価のポイント

採用適性検査をいつどう使うか

採用適性検査を活用するタイミングとそのポイントですが、脳科学統計学に基づく採用適性検査『ProViT』は、まず一次面接の前に、対象者に受検して頂くことを強くお勧めします。
その理由は、面接を重ねてその人物の本質が違うものに見える前に(必ずしもではないですが、面接では見抜けない問題点は必ずあると思うのです)ProViTでまずその人物の本質を把握し、その結果を元に確認をする面接を行って欲しいのです。

ProViT採用適性検査『ProViT』は導入いただきますと、分析結果に対して気になるポイントを確認するための質問例を提供しています。
採用適性検査『ProViT』はその精度の高さには自信があるツールですが、何においても完璧とは言えませんので、例えば、分析結果で極端に「使命感」が低いといった場合に、質問をしてその結果でやはりそうか、いや少し上に見ていいかなといった面接での補足、補正ができるようにしています。

しかし、あ、そうは見えないのにやはりそうなんだと、確認できることが多いのが実際のところです。
そうした、人の本質を早期に捉えて間違いのない採用に活かして頂きたいのが採用適性検査『ProViT』です。面接では判らないとは言いませんが、人は作ることができます。面接時にももちろん働いている時にも本来はそうではないのに、そうは見せないで日頃過ごすことはできるのです。特にメンタル疾患発症傾向や、ストレス耐性など面接では見えにくい要素も含め、初期に把握して、見かけや面接ではとても良かったのに、いざ仕事を始めると…「誰だこの人採ったの」なんて現場からのクレームはまま耳にすることです。是非トライアル頂いてこの鋭さをご体験ください。

①適性判定 ②分析項目適性判定 ③分析項目別スコア ④分析結果コメント ⑤受検時のストレスの状態

採用適性検査ProViT
採用適性検査『ProViT』の紹介ページ

適性検査『ProViT』では3名様まで無料でのトライアル受検のご利用が可能となっております。
お気軽にお申し込みください。
※個人でのお申込、競合・同業関係の企業様のトライアルお申し込みはお断りしております。ご了承願います。

是非適性検査の比較検討してみて下さい。

ProViT_botton

トライアル受検申込みはこちらから

ご質問・お問合せはこち

採用適性検査「ProViT」は株式会社システムエグゼが開発元のサービスです。

当社は採用適性検査『ProViT』総販売元です。

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
その6:適性検査としての使用評価のポイント
その7:採用適性検査は契約社員から正社員の転換時にこそ必須
各種人事支援・採用支援サービス
・SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
・マイナンバー収集・保管クラウドサービス
・自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」
・ビビッド・ジャパンの採用支援ソリューション

RPAソリューション

営業・マーケティングサービス

入札情報速報サ-ビスNJSS

動画制作DOUGAMN

seoマスター

seo内部施策

SLSD

らくらくログ解析

名刺デジタル化サービス

名刺デジタル化サービスLite

papatto

人事・採用支援ソリューション

採用適性検査『ProViT』

採用適性検査ツールTAL

Doctors Me

災害対策ソリューション

安否確認サービス

徘徊対策お守りGPS

非常食セットシリーズ