トップページ 企業活性化事業 個人情報保護方針 会社概要 採用募集 お問合せ

採用適性検査「ProViT」の診断精度が高いわけ

受検者の本当の姿と課題を測ります

本質を見抜く

採用適性検査『ProViT』は、まず第一に、一般によくある心理学に基づくアセスメントツールと大きく異なり、「脳科学・統計学」に基づき検査するアセスメントツールです。従って、「対策」が立てられず、シェアの高い心理学系の適性テストのように、対策問題集通りの回答が多く「自社受検者の8割が同じ回答だった」といったことが起きません。

第二には「脳科学・統計学」に依る為、精度高くその人材の本当の姿を測定します。青年期までに固まるその人物の本質を測り診断します。人は面接の時も、実際には自社にて仕事をしている時も、こうあらねばならぬ、こうありたいと、取り繕って本来とは違う姿に見せかけるということができます。しかし、この採用適性検査『ProViT』は、いわば「泥酔している時の本当の姿」を見て評価しています。

第三には、ストレス耐性やメンタル疾患の発症傾向といった、面接では全く見抜きようのない姿を測定することができます。精度も心理学系との比較で、約6倍以上の精度で結果を出します。ですのでほぼ、この結果通りの人材と評価して良いということになります。

第四には、最新の技術で構築されているため、これまでの既存の適性検査と異なる点がいくつかある事です。まず、接続方式がオフライン受検となっているため、ネットワークの不具合で途中で止まって、管理画面からID作り直して再受検、なんていうことが起きないようになっています。更には、対策もできない、前述のような技術で作られている、ということから業界に先駆けて、モバイル受験が可能なアセスメントツールとなっています。面接前に受検してもらうということが容易になり、なおかつ、こちらで受検環境を用意する必要がないというメリットがあります。その他インフラも強固で、安心して新卒採用選考時のピークなどにもお使いいただけます。

ProViT導入のメリット

不適性を採用しない採用適性検査『ProViT』を導入頂きました企業様には「分析項目別指標」「分析項目別ボーダー受検者のQ&Aとその結果によるアドバイスツール」「業種/職種別判定基準参考指標」など、ツールの活用度が、より高まるコンサルノウハウがぎっしり詰まったノウハウ一覧シートを提供しています。また、採用適性検査『ProViT』は受検者が受検終了し次第、管理者に通知が入り、即時結果を見ることができます。従って、応募者の受検終了後、即時面接でも確認することができるための、「英知のノウハウ集」と言えます。採用適性検査そのものに、これらの診断ノウハウ集の活用も併せて、まさに適性な人材評価選考を!
また、採用適性検査『ProViT』の受検対象は新卒採用にも中途採用にも活用頂け、18歳から65歳までの応募者を対象として設計されていますので、あらゆる応募者へのご利用が可能です。昨今の採用事情を考慮して、ブレの無い実施結果を出力させるのもProViTの利点であり、特性でもあります。

採用適性検査実施の重要性

心理学系の採用適性検査や、面接だけでは把握することが難しい、ストレスへの対応力(ストレス耐性)や多くの問題が発生しているメンタル疾患発症傾向を、採用選定時に把握することは、会社はじめ各法人にとってこれまで以上に、極めて重要とまっています。様々なミスマッチ採用のリスクヘッジにもつながるものとして、メンタル系の測定に注力した、採用適性検査『ProViT』のような脳科学・統計学系の適性テストは非常に注目されています。もちろん性格や能力テストとしても精度の高いアウトプットをします。
応募者獲得には、就職・転職媒体活用や紹介含め、手段はいろいろあります。そこでの
応募者増加のためには相当コストもかかりますので、売り手市場の昨今では、応募があればとにかく合格前提で、という気持ちもわからなくないところです。しかし、結局早々にも退職されでもすれば、そこでかかったコストや工数は消失ということになってしまいます。概算平均一人当たり300万円の採用コストが掛かる、ともいわれていますので、すぐに辞めてしまうような人の採用は、コスト、労力、人手不足の非解消だけでなく、募集活動を再開する必要にかられたり、実際の被害は相当なものになってしまいます。

14%出現

そうした採用によるリスクを、面談という人の目を介しただけでは、ストレス耐性や、メンタル病理傾向などのリスクは見えてきません。そこで何らかしら(いわゆる採用適性検査)の科学的な判断基準を出すテストも補助的に必要になってきているのが実情です。実際に「メンタル病理発症傾向」や「ストレス耐性」、「その他能力的な課題」で不適性と判定が出る確率は実に平均14%となっています。7人に1人が採用すると経営リスクとなる可能性を持っていることになります。

ProViT_botton
トライアル受検申込みはこちらから

ProViTの特長

1)採用適性検査『ProViT』は十数年にもわたる人材募集・育成、労務管理の、現場で蓄積された知見と1万人以上のテスト検証
  データから開発
された高性能で有効性ある採用適性検査となっています。
2)人権問題にならないテスト手法で、
ストレスに対応する力メンタル疾患発症傾向を把握できます。
3)40問5肢択一形式、
20分という短時間で回答可能です。
4)PC、スマートフォン・タブレットで都合のいい時間(除くメンテナンス時間)に受検可能で受検者にとっても利便性が高い
  適性テストのツールとなっています。また、受検時に質問文や選択肢をダウンロードして回答するオフライン・システムを採用。
  通信環境の影響を受けることなく回答可能です。
  ※実際に受検中に通信切断による、最初からの再受検は他の採用適性検査ツールでは頻度高く発生しています。

5)受検者の回答終了後、即時にアセスメントの診断結果が分かります。(管理者宛に完了通知メールも入ります)
  また、受検者リストデータ取込による一括分析結果のダウンロードも可能です。

6)診断分析レポートは、分析項目別スコアが非常に見やすいレーダーチャート方式で表示されます。
  複数受検者がいらっしゃる場合には一覧出力(EXCEL形式、PDF形式)もできます。

分析レポート

①採用適性判定
 「R判定」、「回答信頼度」が表示される。
 回答信頼度は意図的に違う回答をした場合や回答漏れがあった場合に低いと出ます。
 その場合、社員受検の場合は再受検、応募者の場合は選考結果をNGとすることが一般的です。

②分析項目採用適性判定
 「ストレス耐性」、「D傾向(ストレス耐性)」、「M傾向(金銭関係)」、「B傾向(情報関係)」、「J傾向(転職関係)」
の判定結果が表示される。
 ストレス耐性は低過ぎると判定がRとなりますが、逆に高すぎてもRとなります。これは鈍感ということになり、仕事上支障がある事が多い為です。
 D傾向は高いと出た場合R判定としています。まず発症したことがあるか発症する可能性がとても高いからです。
 M傾向、B傾向、J傾向はR判定とは連動していません。こちらは尖った人である場合もあり、必ずしも不適性ではないからです。

③分析項目別スコア
 
レーダーチャート形式で表示され、全体の大きさ
やバランスなども一目で判断できる。 
 合計点の一定以下だとR判定が、また勤める上でなくてはならない基本3要素も、一定以下となるとR判定になります。
 更には最高点と最低点の差も一定以上開くとR判定となります。

④分析結果コメント
 
分析結果の適性判定内容についてコメントが表示される。また組織との関わりに関する人材タイプに加え、能力のバランスについてのコメントも表示される。(一定の条件を満たした場合)

⑤ストレスの状態
 受検時のストレス状態(参考値) 

7)オプションとして、受検者を事前登録せずに受検者が氏名(記号番号でも可)の入力行うことで、即時に受検できる機能をご用意しております。企業採用担当者の事前受検者登録操作の手間がなくなります。

8)企業担当者が複数の判定パターン(職種別等)を登録できるので、的確な採用活動が行えます。

   判定標準矢印カストマイズ

9)事業所単位での採用やグループ企業ごとの採用を本部人事で一括管理できる階層管理の提供【NEW】

採用適性検査『ProViT』では、業界初事業所の個別受検管理画面(通常の採用適性検査『ProViT』の管理画面の事業所毎提供)と、人事本部等での統合管理画面とで管理画面を分けた、「階層管理」構造の提供を開始しました。
事業所単位で採用を行っている企業様、グループ会社ごとの採用を、ホールディングスなどでまとめて管理したい企業様、採用適性検査の管理画面が企業一つであった場合、事業所が100や、1,000事業所あるなど、
一つの管理画面では、他の事業所の検査管理とごちゃごちゃになり、とても管理しきれなくなります。本部から見ても、各個が全くどこの事業所なのか、把握しずらい画面となります。

そこで採用適性検査『ProViT』では業界初となる、現場事業所と本部統合管理を分離した、階層管理を実現しました。これにより、現場(事業所やグループ会社)ではそれぞれ自分の領域だけ管理でき、本部では、全体を各事業所単位で統括して見れ、また、集計もでき、更には統合画面でありながら、個別結果詳細も見ることができる昨日の提供を実現しました。業界初の階層管理機能の提供で、ますます便利に使って頂くことができるようになりました。

階層管理画面の詳細はこちら。
階層管理紹介ページへ
実際の画面イメージなどお気軽にお問合せ下さい。

ProViT受検画面と流れ

【受検の流れ】

■PC画面イメージ

 画面左から:ログイン→質問文ダウンロード→回答→回答送信

図1-PC  図2-PC  図3-PC

【受検の流れ】

■スマートフォン、タブレット画面イメージ

 画面左から:ログイン→質問文ダウンロード→回答→回答送信

図1  図2  図3  図4

【ProViT受検者推奨環境】

 ◆iOS6,7,8 / ブラウザ:Safari    
 ◆Android4.0以上 / ブラウザ:Chrome 
 ◆PC ・Windows7,Windows8,Windows8.1 / ブラウザ:Internet Explorer(10,11),Chrome 等

【採用適性検査料金について(消費税別)】

 初期費用 1IDあたり¥30,000-
 受験料   受検者1人1回¥3,000-
 *3名様まで無料でのトライアル受検が可能(受検ご希望日1週間までのお申込)

 従業員数50名以上で、年間利用50名以上の企業様向けに1社3名まで無料でトライアルいただけます。
 ※同業・個人の適性テストトライアルお申込、お問合せはお断りしています。

ProViT_botton
トライアル受検申込みはこちらから

ご質問・お問合せはこち

採用適性検査「ProViT」は株式会社システムエグゼが開発元のサービスです。
当社はProViTの販売会社です。代理店様を募集しています。是非ご一緒しませんか。ご連絡お待ちしています。

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず選考した結果の悲劇を避ける
■外部情報:ProViT facebookページ
      ProViTホワイトペーパー(ターゲットメディア)
      アイミツ内掲載記事
各種人事支援・採用支援サービス
適性検査の比較研究
短納期動画制作サービス「DOGAMAN」
女性の就労支援にも!WEB(PC/スマホ)医療相談「Doctors Me」 30分以内100%回答

営業・マーケティングサービス

入札情報速報サ-ビスNJSS

動画制作DOUGAMN

seoマスター

seo内部施策

SLSD

らくらくログ解析

GAレポート

名刺デジタル化サービス

名刺デジタル化サービスLite

papatto

人事・採用支援ソリューション

採用適性検査『ProViT』

採用適性検査ツールTAL

マイナンバー収集保管

Doctors Me

災害対策ソリューション

安否確認サービス

徘徊対策お守りGPS

非常食セットシリーズ

防災丸かじりセット

防災あつあつセット

防災あつあつロングライフ

日常減災セット