ホーム

HOME

企業活性化事業

business solution

個人情報保護方針

privacy policy

会社概要

about us

採用募集

recruit

お問い合わせ

contact

RPAソリューション

営業・マーケティングサービス

入札情報速報サ-ビスNJSS

動画制作DOUGAMN

seoマスター

seo内部施策

SLSD

らくらくログ解析

名刺デジタル化サービス

名刺デジタル化サービスLite

papatto

人事・採用支援ソリューション

採用適性検査『ProViT』

採用適性検査ツールTAL

Doctors Me

災害対策ソリューション

安否確認サービス

徘徊対策お守りGPS

非常食セットシリーズ

適性検査の対策本

新卒採用シーズンになると、当社サイトに学生が大量に来訪します。名のある大学名でのアクセスが急増。その理由は「TAL 対策」「TAL 模範回答」時折「provit」。TALはシェアが高いので検索者数も多いです学生は対策ができない、ProViT/TALの適性検査に難渋しているのが、よく解ります。

b0040332_18405784.jpg

逆にProViT/TALのような脳科学でなく、心理学の適性検査は「対策本」「模範回答」が溢れています。

画像は適性検査の対策本です。ProViT/TAL以外は、ほぼ全部心理学系ですから、対策ができてしまうのです。

サイトに一問目を入れて検索すると模範回答も出るそうです。スマホで会社外で拘束せずに、受検させるとえらいことになります。8割が全く同じ結果になったという企業さんもあります。採用適性検査『ProViT』はスマホでも受検ができるようになった最初の適性検査ですが、それは対策ができないからなのです。それを真似ちゃダメですよね。是非適性検査の比較検討してみて下さい。

 

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず選考した結果の悲劇を避ける
■外部情報:ProViT facebookページ
      ProViTホワイトペーパー(ターゲットメディア)
      アイミツ内掲載記事
各種人事支援・採用支援サービス
適性検査の比較研究
短納期動画制作サービス「DOGAMAN」
女性の就労支援にも!WEB(PC/スマホ)医療相談「Doctors Me」 30分以内100%回答

Comments are closed.