ホーム

HOME

企業活性化事業

business solution

個人情報保護方針

privacy policy

会社概要

about us

採用募集

recruit

お問い合わせ

contact

中小中堅企業におけるRPA導入のハードル

hurdle

RPAというツールが今後、中堅、中小企業に展開が進んでいくことは、おそらく間違いないでしょう。現実にもテスト導入などが始まって参りました。しかし、中堅、中小企業が導入する際に、いくつかのハードル、課題があると思っています。それらのハードル、課題についてフェーズごとに明確にしていき、スムーズな導入ができるように、解決方法を考えてまいりたいと思います。

1. RPAの導入検討をスタート

第一のハードル

RPA導入要望始めにRPAツールが実際にどんなものかを知りたい。どんな種類のツールがあるのか 、ツールによって、何か差があるのか 。
まずは主要製品につて、実際に触ってみることをお勧めしますが、現実には、各社のRPA製品を一度に見ることはできません。
そこで、ビビッド・ジャパンのRPAラボのご利用をお勧めします。
ここでは、実際に自分で触ってみて、どれが、いいか、自社の自動化にあっているかを自分で判断することができます。
もちろん、はじめての方向けの無料での体験型初級講座も行っています。
ツール選びは機能だけの比較ではなく、操作感や行き詰った際の対応などが意外と重要なのです。
一般には簡単なデモで難しい部分やトラブル対応は全く見えてきませんので。 
また、導入に関する、様々なお悩み事についてもご相談に乗っています。

ツール選定も、当社では実際に4種(Automation Anywhere、Verint、UiPath、WinActor4種)のツールを保有して比較検証も行っており、いくつかの実業務でその動きの違いを見て頂けたり、実際に触って頂くことができる、RPAラボを開設しています。実際に見て触ってリアルに比較してみてください。実践的なご支援ができます。
RPAツール3種比較体験無料研修「受講者の声」

2.自社に導入した場合、どんなところで活用できるのか

開発対象の検討、分析 第二のハードル

RPA導入:POCこのフェーズをPOC(概念実証)と呼んでいます。
大企業においては、大手コンサルティングファームが2~3か月程度をかけて、分析するのですが、それほど、大げさに考える必要はありません。
RPAで何ができるかということがわかれば、この業務に活用できるというのは、自然に見えてきます。
ロボットが一番得意である単純大量処理業務は中堅、中小企業ではなかなか見当たらないのが現実です。
少量多種多様の作業が日本企業の特性です。
しかし、その多様で小さな業務を複数自動化することでRPAの導入はたいへん有効なものとなります。
積み重ねることで有効になります。

まずは、わかりやすく効果が出る業務(5時間かかっていた作業を30分に!)(ミスがゼロに!)を対象にする なぜ、わかりやすいものから行うのか。
社内でのRPAの認知度を上げることによって、エンドユーザがRPA対象業務を提案してくれるようになること、また、開発者になってくれることを狙います。
そうやって、RPAを身近なものにしていくことが、重要になります。

こうした客観性をもって、最適なRPAツールの導入、成功するRPA導入支援を提供して参ります。ツール選定も当社では実際に4種(Automation Anywhere、Verint、UiPath、WinActor4種)のツールを保有してRPAラボとして、比較検証もしておりますので、実践的なご支援ができます。

3.どれぐらいの効果が見込めるのか

第三のハードル

RPA導入■費用対効果予測について
対象が決まれば、その業務をやっていた人の時間が解放されるわけですから、その時間を効果として考えればOK。
はじめのうちは、想定した効果通りにはならないかもしれませんが、繰り返しているうちに、精度は向上します。

■初期投資とランニングコストについて
「開発については、最終的には社内で行えるようにすべき」 RPAを利用することで、システムの開発コスト、運用コストも下げるのが目的なので、外部のパワーを使うのであれば、新規システムを開発していることと同様に、時間とコストがかかってしまいます。
おそらく近い将来、RPAツールの活用はEXCELなどを利用することと、同じレベルまで下りてくると考えられます。
はじめは外部パワーを活用するにしても、将来的には内部開発ができるようにしていくことを、スタート時点から考えるべきだと考えています。
RPAツールへの思い込みで導入を決めて、いざ、社内開発を行うとなると、できなかったというお話をよく聞きます。
正直なところ、そういったケースが少なくありません。
ハードルを越えるための助走をつけるために、初級トレーニングを行うことが効果的です。
立ち上がりまでのかなりの時間を短縮できます。
あとは、わからない部分をいろいろ試しながら進んでいくというのが現実なのですが、そこは、時間的に余裕がない場合は外部のサポートを受けるのがおすすめです。
⇒わからない部分の要件を提示することで、その部分の核となる部分のサンプル開発を行ってくれる外部サービスがあります。
例えば当社では(ビビッド・RPA・コンビニサービスを提供)もちろん従来型のオンサイトでのサポートでも良いかと思います。

RPAの成功の秘訣から当社の提供サービスまで

RPAツールに関するトピック、成功の秘訣、当社が提供するRPA関連サービスをご紹介

RPAとはRPAツール比較
RPA成功失敗RPA導入への手ほどき中堅中小RPAのハードル働き方改革とRPARPA導入5つの誤解RPA導入事例

rpa事業内容

rpa事業内容

RPAラボ
技術者研修教育サービス
無料研修サービス
RPA研修受講者の声
RPA導入支援
RPA選定の為の比較
 

 

お問合せはこちら

RPAソリューション関係
RPAとは
RPA導入を阻む5つの誤解
RPAツールの比較と特長
RPAツール選定の為の3種検証比較
RPAツールハンズオン型実践研修サービス
RPAツール3種実機比較デモ無料講座
RPAツール3種比較体験無料研修「受講者の声」
RPA導入支援サービス
RPA導入事例
RPAラボ
RPA導入その成功と失敗
働き方改革の切り札RPA
中小中堅企業におけるRPA導入のハードル

営業支援サービス
SEO対策サービス
・名刺デジタル化、スマホ活用名刺デジタル化サービス【Lite】
史上最速動画制作サービス「DOGAMAN

PPAソリューション

RPAソリューション

営業・マーケティングサービス

入札情報速報サ-ビスNJSS

動画制作DOUGAMN

seoマスター

seo内部施策

SLSD

らくらくログ解析

名刺デジタル化サービス

名刺デジタル化サービスLite

papatto

人事・採用支援ソリューション

採用適性検査『ProViT』

採用適性検査ツールTAL

Doctors Me

災害対策ソリューション

安否確認サービス

徘徊対策お守りGPS

非常食セットシリーズ