ホーム

HOME

企業活性化事業

business solution

個人情報保護方針

privacy policy

会社概要

about us

採用募集

recruit

お問い合わせ

contact

RPAソリューション

営業・マーケティングサービス

入札情報速報サ-ビスNJSS

動画制作DOUGAMN

seoマスター

seo内部施策

SLSD

らくらくログ解析

名刺デジタル化サービス

名刺デジタル化サービスLite

papatto

人事・採用支援ソリューション

採用適性検査『ProViT』

採用適性検査ツールTAL

Doctors Me

災害対策ソリューション

安否確認サービス

徘徊対策お守りGPS

非常食セットシリーズ

SEOにおけるMFI(Mobile First Index)実感

MFI(Mobile First Index)、これはGoogleが検索順位を決めるのにモバイルサイトを優先して、評価し、順位を決めますよというもの。これは全世界で、検索で使うデバイスがPCよりも、モバイルの方が上回った為、モバイルサイトの出来で順位を決めた方が妥当であり、検索者利益を担保できるという考え。

 
b0040332_20212412.jpg
BtoBのサイトだと、ほぼサイトへの来訪者はPCから。当社も85%くらいがPCからの来訪です。
 
モバイルで観ている人は、凡そ、来訪頂く際に、会社の所在地確認で利用されているケースが多いようです。
 
そんなBtoB企業でも検索エンジンには関係なく、総量でモバイルが優先されるのです。なのでスマホ対応のソースが、アルゴリズムに反している箇所が多いと順位は低下します。当社サイトはプラグインツールでモバイルレスポンシブを実現しています。ところがツールで自動変換だと、画像左のように上部にPCではないものが表示されます。
 
一番上に社名、その下の緑バックはワードプレスの管理用タイトルが表示され、それぞれh1、h2タグが割り当てられています。ということはbody内のh1と2つになってしまい、評価が下がってしまいます。最初何故順位が少し下がっていくのかわかりませんでしたが、モバイルソースをseoマスターProfessionalにかけて解析し、判明。
 
プラグインツールをサイト制作パートナーのSEIESさんに相談し、流石技術力が高い会社様ですから、あっという間に対応頂き完璧に修正くださりました。具体的には最上部の社名はpタグに、その下の管理タイトルは削除、で、ぜんぺーじ一括対応。順位が即座に回復したのはまさにMFIが稼働しているからでしょう。皆様のサイトも点検されてみた方が良いですよ。。。ご相談承ります。

RPAソリューション関係
RPAとは
働き方改革の切り札RPA
RPA導入その成功と失敗
RPA導入支援サービス
RPA技術者育成研修サービス
RPAツールの比較と特長
RPAラボ

営業支援サービス
SEO対策サービス
GAレポート(GoogleAnalytics解析レポート)
webサイト制作の理想形「SLSD」
来訪企業名がリスト化されるログ解析「らくらくログ解析」
SNS配信・運用・分析ツール「CLOUDPLAY」
・名刺デジタル化、スマホ活用名刺デジタル化サービス【Lite】
史上最速動画制作サービス「DOGAMAN」
エクゼクティブクラスのセミナー集客「大礼紙DM」
人事異動情報とWebの会社情報を紐づけた最強のターゲットリスト

Comments are closed.