トップページ 企業活性化事業 個人情報保護方針 会社概要 採用募集 お問合せ

営業・マーケティングサービス

入札情報速報サ-ビスNJSS

動画制作DOUGAMN

seoマスター

seo内部施策

SLSD

らくらくログ解析

GAレポート

名刺デジタル化サービス

名刺デジタル化サービスLite

papatto

人事・採用支援ソリューション

採用適性検査『ProViT』

採用適性検査ツールTAL

マイナンバー収集保管

Doctors Me

災害対策ソリューション

安否確認サービス

徘徊対策お守りGPS

非常食セットシリーズ

防災丸かじりセット

防災あつあつセット

防災あつあつロングライフ

日常減災セット

Posts Tagged ‘facebook’

法人のfacebookページをまだ手作業で?

facebook企業ページの運営にCLOUDPLAY

人のfacebookページはかつてのインターネットホームページよろしく、ほとんどの企業が持つようになってきています。しかし、ツールを使わず手作業で運用している企業が殆どのようです。それで十分という企業様は逆にfacebookページが口コミとして機能していないのかもしれません。

そこそこの効果を発揮しているfacebookページですと、配信、コメント対応や、効果分析やレポートに相当な工数がかかってきます。 ただ決済をする上長の方の発想が「無料のツールなんだから、お金かけていたら意味ないだろう」というケースも多いようです。

しかし、運用しているとかかりっきりになったり、対応漏れが発生したり、特に報告、レポート作成には大変時間や工数がかかってしまうことへの理解が乏しいようです。「人」の仕事を作業から、考察や企画、分析結果からの次の手を打つなどに変えていくべきは企業にとっては、当たり前のことです。CLOUDPLAYはそれを実現する配信運用分析ツールなのです。ご覧になってみませんか?

CLOUDPLAYライトプランBもお勧め

営業支援サービス
SEO対策ツール「seoマスターProfessional」
 SEO対策セミナー開催中!
SEO内部対策サービス
GAレポート(GoogleAnalytics解析レポート)
webサイト制作の理想形「SLSD」
来訪企業名がリスト化されるログ解析「らくらくログ解析」
・名刺デジタル化、スマホ活用も「名刺デジタル化サービス【Lite】
プレゼン動画の決定版「SVP」シリーズ
IT業界の営業アウトソーシング「ITOサービス」
エクゼクティブクラスのセミナー集客「大礼紙DM」
入札・落札情報サービス「入札情報速報サービスNJSS」

SNS企業ページの効率的運用

SNS運用配信レポートツール

SNS、特にfacebookの企業ページの活用はいまやデジタルマーケティングにおいてBtoCもBtoBでも必須となってきていると思います。企業でのfacebookはなかなか難しいです。運用メンバーに強制的にアカウント作らせるわけにも行かず、記事の制作、配信コメント対応など結構な工数が必要です。

仕事なんだか遊びなんだかわからなくなってくることも起きるかもしれません。記事を読んでもらってナンボがSNSの運用というものです。SEOにもfacebookやtwitter、Google+の記事リンクはかなりの影響度を持っています。

ちなみに記事を配信するだけでなく、コメントやいいねが付いてスコアとなります。結局は「価値があるかどうか」が今のSEOのポイントですから。そういう意味でもSNSの運用を自社サイトと切り離して考えることはできません。

結局「購入」や「問い合わせ」といった「成果」いわゆるコンバージョンはWebサイトが出すもの。検索エンジンもSNSもそこへ誘導するルートなのです。さらにfacebookは無料。もうその考えは捨てましょう。効率よく運用するにはツールは必須です。

営業支援サービス
SEO対策ツール「seoマスターProfessional」
 SEO対策セミナー開催中!
SEO内部対策サービス
GAレポート(GoogleAnalytics解析レポート)
webサイト制作の理想形「SLSD」
来訪企業名がリスト化されるログ解析「らくらくログ解析」
・名刺デジタル化、スマホ活用も「名刺デジタル化サービス【Lite】
プレゼン動画の決定版「SVP」シリーズ
IT業界の営業アウトソーシング「ITOサービス」
エクゼクティブクラスのセミナー集客「大礼紙DM」
入札・落札情報サービス「入札情報速報サービスNJSS」

SNSマーケティング通信 Vol.6 日本と欧米のSNS利用目的の違い

SNS活用に米はどう違う?

今日は、ソーシャルコマースに焦点をあてて
全米小売業協会(National Retail Federation)が約1700人を対象に行った調査によると、回答者のうち56%のFacebookユーザーがFacebookの投稿をクリックして小売店のWebサイトにジャンプしたことがあり、さらに、28%のFacebookユーザーはFacebookのリンクから何かを購入したことがあるという調査結果が得られた。

回答者の35%が、Facebookから何かを購入すると答え、32%は可能ならばTwitterからも購入したいと答えたいう。

それに対して、日本では、個人ユーザーはTwitterやFacebookを購入の意思決定としてはあまり利用しておらず、むしろ「購入後の感想」や「不満」について「家族や友人」と話す際に活用しているということがNTTコミュニケーションズの調査によってわかった。
特に、商品やサービスに対する「不満」の表明先としては、店舗に届く声の1.8倍にあたる量がインターネット(企業サイト:31.6%、SNS:22.1%、掲示板:22.1%、Twitterなどのマイクロブログ:14.0%)が不満の表明場所として多く使われる傾向があることが明らかになっている。
企業担当者への調査では、マーケティングを目的としてSNSを運用している場合が多いようだが、ユーザーのSNS利用目的とあまりにも大きなギャップがあることがわかる。

ただただ、一方的な情報発信をするだけではなく、寄せられる不満や要望に対して誠実に対応し、「どれだけお客様に自分たちを近く感じてもらえるか」、がSNSを活用したマーケティング、ブランディングの要。

SNSはコミュニケーションツール

VOL.2でも触れましたが、例えばFACEBOOKのウォールに書き込まれたコメントにどれだけスピーディに、かつ真摯的な対応をするかは、コメントしたユーザーだけでなく、不特定多数のユーザー(もしくはSNSユーザーでない人)が見ています。

ユーザーと企業を直接結びつけるツールだからこそ、企業姿勢を反映させたガイドラインをもって運用し、「いいね!」を教えてくれただけではない、本物の「ファン」を獲得していきたいものです。

営業支援サービス
SEO対策ツール「seoマスターProfessional」
 SEO対策セミナー開催中!
SEO内部対策サービス
GAレポート(GoogleAnalytics解析レポート)
webサイト制作の理想形「SLSD」
来訪企業名がリスト化されるログ解析「らくらくログ解析」
・名刺デジタル化、スマホ活用も「名刺デジタル化サービス【Lite】
プレゼン動画の決定版「SVP」シリーズ
IT業界の営業アウトソーシング「ITOサービス」
エクゼクティブクラスのセミナー集客「大礼紙DM」
入札・落札情報サービス「入札情報速報サービスNJSS」

各種人事支援・採用支援サービス
SNSを活用した採用支援サービス
SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
最強最新の採用適性検査「ProViT」
採用適性検査「TAL」
適性検査の比較研究
マイナンバー収集・保管クラウドサービス
バーチャル会社説明会プレゼン動画『SVPPT』
法人向けWEB(PC/スマホ)医療相談「Doctors Me」 30分以内100%回答
自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(kinqjp)関連ページ:
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他の災害対策ソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

SNSマーケティング通信 Vol.5 コミュニケーション

SNSマーケティングの運用ポイント

SNSを活用したマーケティングの基本はコミュニケーションですので、facebookでいうコメントやtwitterでいう@~やQTなどにどう対応していくかということになります。

こうした対応が遅くなったり漏れていると、SNSマーケティングは逆効果となりうることも念頭に入れておく必要があります。悪い方の話は拡散力が高いので、要注意です。

かといって常時ウォッチしてもれなくするというのは、手作業では大変です。ツールなどを活用して新着コメントなどを漏らさずにチェックでき、増加していくコメントレスにも対応しやすい機能などで、漏れがなくかつ効率も考慮しなくてはなりません。

こうしうと脅しみたいに聞こえるかもしれませんが、CLOUDPLAYのようなツールを活用することによって、相当の効率化や漏れの防止は担保できると思っています。また、そういs他業務をアウトソーシングとしてお手伝いすることもできます。

基本はコミュニケーションですので以下に誠実にきっちりコミュニケーションを図るかが重要なポイントとなります。

営業支援サービス
SEO対策ツール「seoマスターProfessional」
 SEO対策セミナー開催中!
SEO内部対策サービス
GAレポート(GoogleAnalytics解析レポート)
webサイト制作の理想形「SLSD」
来訪企業名がリスト化されるログ解析「らくらくログ解析」
・名刺デジタル化、スマホ活用も「名刺デジタル化サービス【Lite】
プレゼン動画の決定版「SVP」シリーズ
IT業界の営業アウトソーシング「ITOサービス」
エクゼクティブクラスのセミナー集客「大礼紙DM」
入札・落札情報サービス「入札情報速報サービスNJSS」

SNSマーケティング通信 Vol.4 Twitterフォロワーを上手に増やす

twitterフォロワーを増やす方法

twitterでフォロワーを増やすにあたって、もっともポピュラーな手法は、フォロー返しを期待してのフォローでしょうか。商材アカウントで当初頑張ってフォローをしていったのですが、主導でやり続けるのは大変ですし、相手の興味を理解してのフォローはとても難しいものです。結局お勧めユーザを次々フォローしていくとか、フォローした人のフォロワーをフォローするとかになってしまっていました。

なかなかこちらの意図する方からのフォローを頂くのは難しく、特にその商材が全米でシェアがNo.1(日本ではまだ認知度が低いのですが)なので、USからのフォローがどんどん増えていきます。日本国内での販売増強を目指す弊社からすると意図せざるフォロワーということになります。

そこでCLOUDPLAYの自動フォロー機能を活用して、ウィルスとか、PCセキュリティとかのキーワードを含む呟きを発している方を自動フォローする設定をしました。1日25名ずつ自動的にフォローをしてくれますので、フォロー返しでこちらの意図する方がフォロワーになってくれます。少し面白いのは自動フォローのキーワードもツイッターじゅうのツイートからキーワードで拾ってモニタリングするキーワード設定も、SEOやリスティング広告のキーワードとは少し考えが異なるのは、当たり前なのですが、いろいろ試行錯誤も必要です。

マーケティング観点からするとフォロワーの意図した増加は重要なポイントになってきます。そして影響度の高い方にフォローしてもらうことも。後者の話題はまたいずれとさせていただきます。ご参考にしていただければ幸いです。

SNSマーケティング通信 お詫びとご案内

Vol.4でご案内したばかりの自動フォロー機能が凍結となりました。
これはTwitter自体が自動フォローを禁止したためです。
ご案内したばかりなのに申し訳ございません。
これに伴いまして、解析機能からキーワードごとのフォロー解析機能も廃止となります。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

営業支援サービス
SEO対策ツール「seoマスターProfessional」
 SEO対策セミナー開催中!
SEO内部対策サービス
GAレポート(GoogleAnalytics解析レポート)
webサイト制作の理想形「SLSD」
来訪企業名がリスト化されるログ解析「らくらくログ解析」
・名刺デジタル化、スマホ活用も「名刺デジタル化サービス【Lite】
プレゼン動画の決定版「SVP」シリーズ
IT業界の営業アウトソーシング「ITOサービス」
エクゼクティブクラスのセミナー集客「大礼紙DM」
入札・落札情報サービス「入札情報速報サービスNJSS」

SNSマーケティング通信 Vol.3 これまでのネット広告とはここが違う

SNSマーケはネット広告より安いか

SNSを活用したマーケティング、まだ確立しているとは言えませんので全くの個人的な考えかもしれませんが、いわゆるネット広告とSNSを活用したマーケティングの違いを思うところで書かせて頂きます。

ネット広告はバナーやリスティングも直接的に目的サイトに誘導するもので、配信側は掲載するだけです。だけとは語弊がありますが(リスティングは運用管理もきめ細かに必要ですので)、ターゲット顧客とコミュニケーションがあるわけではありません。
それに対し、SNSはそもそもがソーシャルネットワークですから、コミュニケーションが前提です。観る、いいね!をつける、コメントを入れる、シェアするという共有をしていくプロセスには一方的な配信ではなく、コミュニケーションが発生します。コメント内で閲覧者同士がコミュニケーションしてくれることもありますけど、発信者が対応すべきコメントも数多くあります。
中にはネガティブなコメントもあるかもしれません。それを放置するのは危険です。むしろ、そうしたネガティブなコメントは早期対応することにより、良い結果を生むことも多いようです。
なにせSNSですから1対1ではなく、そのコメントの対応をフィードを購読する多くの方がかたずをのんで観ているから、対応次第でむしろ大きなチャンスになっていくようです。

SNS運用を支えるCLOUDPLAY

では配信した記事へのコメントにこまめに対応できるか?となりますと、やはり人力では限界があります。ツールが必要になってくるでしょう。またまた宣伝ですが、SNS統合運用管理ツールの『CLOUDPLAY』は未読コメントのみを表示し、コメント対応が簡単に素早く出来る機能も持っています。twitterならRT、QTを素早く発信できる機能があります。
ネガポジ、いずれも素早いコメント対応が良い結果を生んでいるのは間違いないようです。運用を外部(弊社など)に委託する方法もあります。発信や掲載するだけではないことから面倒ではありますが、ロイヤリティの向上やコンバージョン率の高さへの貢献はやはりそれなりの高さを生み出してくれます。

参考になりましたでしょうか。まだまだ当社も勉強中。ご意見など頂ければ幸いです。

営業支援サービス
SEO対策ツール「seoマスターProfessional」
 SEO対策セミナー開催中!
SEO内部対策サービス
GAレポート(GoogleAnalytics解析レポート)
webサイト制作の理想形「SLSD」
来訪企業名がリスト化されるログ解析「らくらくログ解析」
・名刺デジタル化、スマホ活用も「名刺デジタル化サービス【Lite】
プレゼン動画の決定版「SVP」シリーズ
IT業界の営業アウトソーシング「ITOサービス」
エクゼクティブクラスのセミナー集客「大礼紙DM」
入札・落札情報サービス「入札情報速報サービスNJSS」

SNSマーケティング通信 Vol.2 『facebookページの「いいね!」について』

facebookのビジネス活用にCLOUDPLAY

当社のfacebookページ、かなり早くに立ち上げたのですが、「いいね!」の獲得を独自ネームがいただける数に達して、ネームつけたら油断したままでした。
いいね!の数をたくさん獲得すること、これは確かになんだか凄いページになっている感じがします。しかし、「いいね!」を押した人の90%もの人は、その「いいね!」を押した以降そのページを訪れることはないそうです。これは衝撃です。「いいね!」が増えればよいというものではないということなのです。
ファンの数を増やすことにばかり気を回さず、以下にニュースフェードに表示されるように定期的に有効な記事を発信するかということが大事なのです。

記事ネタを考えるのは大変です。関連記事からのRSS取得による校正配信や、内容によっては自動配信など、有益な記事を手間をかけず
に配信する方法もあります。宣伝ですが、そんな機能も含まれているのがSNS統合管理ツール『CLOUDPLAY』
工数の効率化をしながら、適切にSNSマーケティングの展開を手助けします。もちろん当社で配信代行やコンサルサービスを提供させていただくこともできます。
SNSマーケティングはまだまだこれからというところもあります。
大きくこれまでのマーケティングと違うのはSNSはコミュニケーションツールであり、そのマーケティングというのはこれまでの配信しているだけとは大きく異なるということです。
コミュニケーションツールを活用したマーケティングであるという本質を忘れないようにしなければなりません。今回はここまで。

営業支援サービス
SEO対策ツール「seoマスターProfessional」
 SEO対策セミナー開催中!
SEO内部対策サービス
GAレポート(GoogleAnalytics解析レポート)
webサイト制作の理想形「SLSD」
来訪企業名がリスト化されるログ解析「らくらくログ解析」
・名刺デジタル化、スマホ活用も「名刺デジタル化サービス【Lite】
プレゼン動画の決定版「SVP」シリーズ
IT業界の営業アウトソーシング「ITOサービス」
エクゼクティブクラスのセミナー集客「大礼紙DM」
入札・落札情報サービス「入札情報速報サービスNJSS」

SNSマーケティング通信 Vol.1

SNSを活用したマーケティング

これから少しずつ新たなマーケティング手法として注目を浴びてきております、『SNSマーケティング』について発信して参ります。
まだまだ当社も未熟ですがよろしくお願い申し上げます。

SNSマーケティングのポイントはOwyang氏の評価項目によると

1.コミュニティメンバーの目的を達成させるような価値のあるコンテンツを提供しているか
2.マーケティング活動のキーとなるコンテンツや機能がわかりやすく配置されているか
3.メンバーが自主的にマーケティング活動してくれるような仕組みになっているか
4.フォーラムなどを用意し、メンバー同士がコミュニケーションできるようになっているか
5.ゲームやキャンペーンなどで、メンバーがマーケティング活動に接する時間を増やす仕組みになっているか
6.企業がコミュニティメンバーと積極的にコミュニケーションしているか
7.コミュニティ外でもメンバーが口コミ情報源となってくれるようなツールや仕組みを用意しているか
8.メンバーに何をしてもらいたいのかが明確になっているか

だそうです。

皆様のSNSマーケティングページはいかがでしょうか?

営業支援サービス
SEO対策ツール「seoマスターProfessional」
 SEO対策セミナー開催中!
SEO内部対策サービス
GAレポート(GoogleAnalytics解析レポート)
webサイト制作の理想形「SLSD」
来訪企業名がリスト化されるログ解析「らくらくログ解析」
・名刺デジタル化、スマホ活用も「名刺デジタル化サービス【Lite】
プレゼン動画の決定版「SVP」シリーズ
IT業界の営業アウトソーシング「ITOサービス」
エクゼクティブクラスのセミナー集客「大礼紙DM」
入札・落札情報サービス「入札情報速報サービスNJSS」

ソー活支援!

ソー活は今も健在

ソーシャルネットワーク就職活動、略してソー活が本格的になって参りました。facebook上の企業採用ページランキングなんて言うのも登場しています。このランキングはページの「いいね!」の数で順位がついています。一つの指標としては解りやすいものです。その指標だけでは足らないと思いますが。

SNS,SNS運用代行,ソー活,ソーシャルリクルーティング,フェイスブック,Facebook,就活当社で、まだまだ未知の領域であり、企業の試行錯誤が行われる中ですので、少しでも先導できるようにと研究し、実証実験など行っています。

実際の人気採用サイトの検証も行い、どうすればさらによくなっていくのか、アドバイス位は出来るようになったと思っています。

画像の様にセミナーの元になれるような資料も完成しています。お声掛け頂ければセミナー講演もさせて頂きます。

さて、冒頭の「いいね!」だけでは、という話。いいね!してその9割はそれきりというデータがあります。採用ページは必ずしもそうではありませんが。ある指標だと5.3%が平均だそうです。さて上回っていますか?ってなんだかわかります?
 

営業支援サービス
SEO対策ツール「seoマスターProfessional」
 SEO対策セミナー開催中!
SEO内部対策サービス
GAレポート(GoogleAnalytics解析レポート)
webサイト制作の理想形「SLSD」
来訪企業名がリスト化されるログ解析「らくらくログ解析」
・名刺デジタル化、スマホ活用も「名刺デジタル化サービス【Lite】
プレゼン動画の決定版「SVP」シリーズ
IT業界の営業アウトソーシング「ITOサービス」
エクゼクティブクラスのセミナー集客「大礼紙DM」
入札・落札情報サービス「入札情報速報サービスNJSS」

ソー活コンサル・サポートサービス開始

ソー活支援コンサルタントサービス

SNS(主にfacebook)を利用した就職活動の新しいスタイル、ソーシャルネットワーク就職活動『ソー活』。企業の新卒採用ページが次々と立ち上がった2013年新卒採用向けページ。「いいね!」数を元にしたランキングも出ていますが、企業側の運営もまだまだこれから学習をしていくところのようです。

SNS運用代行実際の各社様の採用ページを分析して考察したもの、ソー活のページの作り方や運用ポイントなどを整理してご案内開始。

記事コンテンツの制作から運用、コメント一次対応、分析報告(提案)までフルサポートから、原稿頂いての以下フルサポート。

そして運用支援をアドバイス、分析レポート提案のみ、など運営実情に合わせたサポートを行います。また海外からの新卒を採用したい企業様には「文化を盛り込んだ翻訳、コメント対応」までフルサポートすることもできます。人事採用担当の方お気軽にお声掛け下さい。

各種人事支援・採用支援サービス
SNSを活用した採用支援サービス
SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
最強最新の採用適性検査「ProViT」
採用適性検査「TAL」
適性検査の比較研究
マイナンバー収集・保管クラウドサービス
バーチャル会社説明会プレゼン動画『SVPPT』
法人向けWEB(PC/スマホ)医療相談「Doctors Me」 30分以内100%回答
自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」