トップページ 企業活性化事業 個人情報保護方針 会社概要 採用募集 お問合せ

「適性検査」階層管理機能 業界初

採用適性検査の階層管理の必要性

例えば有料介護付き老人ホーム運営企業や、多店舗展開されている場合の各店舗採用と本部管理、多数のグループ企業での現場採用と本部管理などを行っている企業様、グループ様も多い中、採用適性検査においても階層管理が1階層というか、一つだけではどうにも使いにくいという事態が起こります。
その対応には、これまでProViTも含め、すべての適性検査で階層管理ができないため、以下の2通りの対応方法しかありませんでした。

1)一つの管理IDで全事業所も本部も一括してみる
 ■メリット
  本部からは常に全体を見ることができる
 ■デメリット
  全事業所で必要のない、他事業所のデータも見れるため、どれが自事業所のデータであるかも、
  錯綜してわかりにくいし、100とか500とか事業所があると個別管理は事実上不可能
①アカウント階層管理

事業所単位で採用を行っている企業様、グループ会社ごとの採用を、ホールディングスなどでまとめて管理したい企業様、採用適性検査の管理画面が企業一つであった場合、事業所が1200、300とあるなど、一つの管理画面では、他の事業所の検査管理とごちゃごちゃになり、とても管理しきれなくなります。本部から見ても、各個が全くどこの事業所なのか、把握しずらい画面となります。

---------------------------------------------------------

2)各事業所単位にIDを発行して個別管理とする
 ■メリット
  各事業所では、自事業所の管理がとてもすっきりして運用しやすい
 ■デメリット
  本部は各事業所ごとのID/PASSを管理して、各事業所ごとにログインしないと内容が判らない。
  更に全体の受検数などの管理も都度ログインして手集計をしていかなければならない。
  事実上本部管理は不可能となる

事業所ごとアカウント

事業所ごとにアカウントを作って、管理画面を事業所単位に持つようにした場合、各事業所の現場は検査手配も管理もすっきりします。ところがそうすると、今度は本部の人事側で、一つ一つの事業所単位のアカウントにログインしないと、内容が把握できなくなります。全体の進捗の管理も、集計すらままなりません。事業所が100単位で多くあると、本部側の管理は全く手に負えません。

採用適性検査『ProViT』が提供する階層管理

そこで採用適性検査『ProViT』では、業界初の事業所と人事本部との管理画面を分けた「階層管理」構造の提供を開始しました。階層管理

この階層管理の実現により、現場(事業所やグループ会社)ではそれぞれ自分の領域だけ管理でき、本部では全体を各事業所単位で統括して見れ、また、集計して見れたり、個別結果詳細も見ることができます。業界初の階層管理機能の提供で、ますます便利に使って頂くことができるようになりました。実際の画面イメージなどお気軽にお問合せ下さい。

採用適性検査『ProViT』のページへ戻る

ProViT_botton
トライアル受検申込みはこちらから

ご質問・お問合せはこち

採用適性検査「ProViT」は株式会社システムエグゼが開発元のサービスです。
当社はProViTの販売会社です。代理店様・取次店様を募集しています。是非ご一緒しませんか。ご連絡お待ちしています。

採用リスク低減コラム
その1:採用による経営リスクを考える
その2:採用適性検査の用途による使い分け
その3:採用リスクの避け難きものはなにか
その4:採用適性検査の種類と使い分け
その5:精査せず採用した結果の悲劇を避ける
各種人事支援・採用支援サービス
採用適性検査「ProViT」
適性検査の比較研究
短納期動画制作サービス「DOGAMAN」
女性の就労支援にも!WEB(PC/スマホ)医療相談「Doctors Me」 30分以内100%回答

営業・マーケティングサービス

入札情報速報サ-ビスNJSS

動画制作DOUGAMN

seoマスター

seo内部施策

SLSD

らくらくログ解析

GAレポート

名刺デジタル化サービス

名刺デジタル化サービスLite

papatto

人事・採用支援ソリューション

採用適性検査『ProViT』

採用適性検査ツールTAL

マイナンバー収集保管

Doctors Me

災害対策ソリューション

安否確認サービス

徘徊対策お守りGPS

非常食セットシリーズ

防災丸かじりセット

防災あつあつセット

防災あつあつロングライフ

日常減災セット