トップページ 企業活性化事業 個人情報保護方針 会社概要 採用募集 お問合せ

NJSSを使いこなす基本ポイント

多くの企業様にご活用頂き、高い成果を挙げている入札情報速報サービスNJSS。しかし、その使い方は一様ではありません。自社の入札で活用、応札時の価格戦略や競合調査に活用、パートナーへの情報提供で活用、省庁への新規開拓で活用、等々使い方は千差万別。

また有効活用されている企業様の共通点は何か?そう難しいことでは無いのです。皆様共通して、基本機能をしっかり活用されている事なのです。その大きく二つの観点で、入札情報速報サービスNJSSを使いこなすポイントをご紹介します。

NJSSの利用シーン

NJSS活用入札情報速報サービスNJSSは入札情報を収集しているので、自社の落札できる案件を見出すことである。もちろん正解です。これがメインと言ってよい活用の切り口です。しかし、それ以外にもいろいろ活用できる切り口があるのです。

1.自社が対応できる条件の新着入札情報を、効率的に把握して応札の検討をする。
2.あまり他社の応札が無い案件を見出し、効率的に落札するための情報を得る。
3.応札予定案件の類似案件や同等の過去年度落札価格から価格相場を測り、競合対策や入札価格戦略を立てる。
4.全国的に網羅的に案件を拾い、パートナー企業へ情報提供して自社製品で入札してもらうための情報収集。
5.落札案件を調査し、提案のタイミングを落札時期から逆算して、仕様取りのための提案活動を行う情報源とする。
6.落札情報から新規入札案件の落札しそうな企業情報を得て、協業パートナー開拓営業のリストとする。

入札箱

多くの企業様がメインの1~3でご利用ですが、自社では落札実績ゼロなのに毎年更新頂き、大活用という4番の用途も結構あるんです。パートナービジネスを主流にしているベンダーさんでは多い使い方ですね。
ただ、その先の落札されている企業名までは当社ではつかめないため、なかなかサポートできないところが、少し歯がゆいのですが。 また、民間に近い営業スタイルになるのが5番のような活用方法でしょうか。特に毎年とかシステムのように5年に一度の入れ替えとか、入札サイクルのはっきりしているものは、何か自社で特徴のあるその領域の製品やサービスが打ち出せると、仕様提案としてアプローチし、他社にないその仕様を盛り込むことができれば、落札が目の前にやってくる感じでしょうか。 そして、自社で入札するのではなく、落札された企業の下に入って、一部得意業務の協業をするためのアプローチリストとして活用する。例えば大規模な調査案件の調査票発送業務部分の下請けや、督促コールの協業などが一例です。これも表立って自社が入札するという事ではなく、その企業の落札案件の部分分担をとり、提携していくようなアプローチに活用する考えです。

基本機能の活用

入札情報速報サービスNJSSを上手に活用するには、上記のいずれの利用シーンでも、何より新着案件メールの有効活用です。1契約でキーワードが25個登録できますので、ここの登録をどこまでしっかり行うかです。そしてそのキーワード毎に設定できる「条件設定」も重要になります。

キーワード設定

キーワード×条件設定の組合せの精度こそが、入札情報速報サービスNJSS活用の肝と言えるでしょう。

キーワードの設定は、ビッグワード過ぎると余計な案件も多くなり、精査が大変になります。かといって組み合わせを強めて絞り込みすぎますと、案件を逃してしまう可能性も出てきます。その折り合いは、案件検索画面で実際にそのキーワードで入れて、実際の案件内容を見てみることだと思います。

それだけではなかなか精査できないと、困られた際には当社(株式会社ビビッド・ジャパン:03-5282-5233)までご一報ください。年間でどれくらいそのキーワードで案件があるか、具体的例としてどのような案件が出ているか、サンプルも出力して調査資料として提供させて頂きます。また当社にてアドバイスコンサルもさせて頂きます。お気軽にお寄せ下さい。

キーワードの設定も決めたらそれでずっとということではなく、時折見直しをかけましょう。入札公告のタイトル表現に変化が出てきて、新たなキーワードが出てくることがあります。また、競合企業の落札案件は時折見てみましょう。思いがけないタイトルがついた、自社応札が可能な案件も見出せることがままあります。そのタイトルにあるキーワードを登録してみると、競合の少ない案件への入札参入も、可能となることがあるものです。その落札企業が仕様に盛り込んだ、「他社に見つけられないようにした案件」の可能性が高いからです。

入札情報速報サービスNJSSの活用のポイントは、「基本機能をちゃんと活用する」こと。つまりはキーワードと条件設定をきっちり行い、時折見直すこと。そして時折、競合企業の落札案件を見て、タイトルからキーワードの研究を行うこと。ということになります。なかなかわからないという方、お気軽にお声がけください。伺うなりして、実画面からその活用方法を実例でご紹介します。もちろんお客様の画面に入って、その場でその設定をご一緒にすることもさせて頂きます。お気軽にご一報下さい。

無料でトライアルを使ってみたい!という方は・・・
NJSS無料トライアルはこちら
※無料トライアルのご登録時は、代理店コード「VD1000」を忘れずご入力下さい。

NJSS紹介ページのトップへ NJSS NJSSに関するFAQ プラン別料金表 入札情報サービス比較表

入札情報速報サービスNJSSのページへ
入札情報速報サービス NJSS(エヌジェス)機能概要
入札情報速報サービス NJSS(エヌジェス)のFAQ
案件調査(御社に合う入札案件が年間どれくらいあるか、競合落札状況などの調査データ)希望やお問い合わせはこちら

入札情報TOPICSのメニューページへ
入札情報TOPICSその1「入札情報速報サービスNJSS新体系の御紹介」はこちら


営業・マーケティングサービス

入札情報速報サ-ビスNJSS

動画制作DOUGAMN

seoマスター

seo内部施策

SLSD

らくらくログ解析

GAレポート

名刺デジタル化サービス

名刺デジタル化サービスLite

papatto

人事・採用支援ソリューション

採用適性検査『ProViT』

採用適性検査ツールTAL

マイナンバー収集保管

Doctors Me

災害対策ソリューション

安否確認サービス

徘徊対策お守りGPS

非常食セットシリーズ

防災丸かじりセット

防災あつあつセット

防災あつあつロングライフ

日常減災セット