ホーム

HOME

企業活性化事業

business solution

個人情報保護方針

privacy policy

会社概要

about us

採用募集

recruit

お問い合わせ

contact

RPAソリューション

営業・マーケティングサービス

入札情報速報サ-ビスNJSS

動画制作DOUGAMN

seoマスター

seo内部施策

SLSD

らくらくログ解析

名刺デジタル化サービス

名刺デジタル化サービスLite

papatto

人事・採用支援ソリューション

採用適性検査『ProViT』

採用適性検査ツールTAL

Doctors Me

災害対策ソリューション

安否確認サービス

徘徊対策お守りGPS

非常食セットシリーズ

Posts Tagged ‘安否確認システム’

企業に必要なのは安否確認の次

災害時の情報集と指示

ある大手企業様で自社開発された掲示板型の自主投稿型安否確認システムをお持ちの企業様があります。2011年3月11日の対象地域従業員および対象地域への出張者合計数千名の安否確認を短時間で96%回収されたという素晴らしい実績を誇られています。従業員の訓練が行き届いておられることに感心させられました。しかし、安否確認が取れた企業様にとって、大災害時には「安否確認」の次が極めて重要であることが認識されています。

しかしながら、殆どの企業が3月11日の東日本大震災時に「つながらなかった」ために、安否確認自体ができず、企業として安否確認の次にすべきことに気づきにくい状況にあるのです。

従業員の安否確認はもちろん最重要。では、安否確認がとれたあと、しばらく連絡取れなくて済むのでしょうか?企業ではそうは行かないのです。

地域で必要な物資は、帰宅できるのか?又は出社できるのか?事業所の状況は?事業の継続は可能か?取引先の状況は?様々な事業環境に関する状況の把握と対処善処の集約および指示、その意思決定をする幹部の召集やコミュニケーションを取らなければ、初動の遅さから様々な事業への影響が出てしまうことは、すでに実証されています。安否確認システムというものはつながる事はもちろん、どんな機能が必要かということを考えねばなりません。

その場で配信内容が作れ、輻輳時でも続いて配信できて即時に届くこと。平行して回答収集の配信ができること、様々な配信回答が平行集計できて、その結果を指示など配信がまたできること。従業員の緊急連絡とは安否確認だけではないことがおわかりでしょうか。結構いろいろ手を打たねばならないのです。連絡を取って。

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(KinQ.Jp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他のソーシャルセーフティソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

従業員安否確認、確認後のアクション

企業は安否だけ判っても手が打てません

以前から導入されていた企業に加え、さらに多くの企業に「安否確認システム」が東日本大震災を機に導入されています。震災以前から導入されている企業様では、残念ながら最大手のサービスはじめ殆どのサービスが、携帯電話の輻輳で肝心の安否確認すらとることができなかったようです。実は「すら」というところに大きなポイントがあります。

企業にとって従業員の「安否確認」はもちろん人命にかかわることですので、最優先です。全員無事だということがわかったとしましょう。企業としてそれで完了できるでしょうか。

もちろん「No」です。実は多くの企業が安否確認すらとることができなかったために、気づいていらっしゃらないのです。次々と確認すべきことがその状況に応じて出てまいります。事業所の状況は?帰宅できるか?出社は?お客様は?取引先は?その状況を把握して意思決定できる幹部の召集は?

そして決定内容を伝えて、素早く動き、どう対応をとるか。企業というのは日常の業務の流れに突如訪れた非日常に対して様々な対処が必要なのです。多くの安否確認システムは最少容量で動いていますので、そもそも東日本大震災では、管理画面すらつながらないケースが出ていたようですが、そのように容量が小さいため、安否確認集計を終了させて、内容をクリアしないと次の配信ができません。しかも次の配信なるものをその場で自由につくることができません。

ところが大容量で東日本大震災でもちゃんとメールもつながり、安否確認がしっかりとれた「たよれーる携帯連絡網サービス『KinQ.jp』」はそもそも技術的にも大服装をクリアしてつながる技術を保有するのみならず、大容量なので、確認しながら次の確認、前述のような内容を次々と配信、並行して集計ができるのです。企業にとって必要なことは何か。従業員の緊急連絡の本質をとらえた企業にとって必要なシステム導入をお勧めします。

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(KinQ.Jp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他のソーシャルセーフティソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

12月7日の地震における安否確認の結果から

地震はいつどこで起こるかわからない

12月7日(金)比較的大きな地震が東日本を襲いました。たまたま出張で西日本におりましたので、地震を体感はせず、たよれーる携帯連絡網サービス「KinQ.jp」の地震速報メールで、この地震を早いタイミングで知ることとなりました。大きな被害は無かったようですし、津波も小規模で津波被害もなかったのが幸いでした。

首都東京も震度4だったようですので、多くの震度5以上で設定されている安否確認サービスの対象外であったことで、短時間各社の一斉配信による携帯電話の輻輳も発生しなかったようです。

たよれーる携帯連絡網サービス「KinQ.jp」のご利用企業様では、対象地域に該当する拠点従業員宛てに自動発信が稼働しています。

7日17時18分に震度5弱の地震が発生、地震発生から気象庁の確定データにより、約10分後に自動配信が開始され、仙台、宇都宮、茨城の従業員へ配信。約120名の安否確認を実施し18時30分までに全ての確認作業が完了。とのことでした。

ただ課題も出ています。やはり発生した課題はメールアドレスの変更登録をしておられず、メールが届かなかったという方が数件、自主回答機能を中心に、今回輻輳が無かったために連絡が取れ、回答収集が全員分完了できたとのことでした。ここで再度認識できたことは、年一回の訓練では登録変更忘れが出てしまう可能性が高く、日常での活用がポイントとのお話を伺いました。

未導入企業様、東日本大震災で繋がらなかったサービスをご利用の企業様、今一度ご検討を。

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(KinQ.Jp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他のソーシャルセーフティソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

町内防災訓練に非常食展示

防災丸かじりセットは町内会でも採用

先日の日曜日は朝から町内会の防災訓練が催されました。町内自治会には班と班の中に組があります。第3班2組といった具合です。我が家は今年登板で組長ですので参加必須。炊き出しやテント設営、防災品の展示など結構力仕事が多いのです。まして今回は当社で扱っている非常食「防災 丸かじりセット」を自治会で購入頂きましたので、参加しないわけに参りません。

丸かじりセット

自治会の倉庫は二つあり、それぞれに祭り用の子供神輿や5棟分のテント、テーブル、草刈機、そして数々の防災グッズなどが収められています。

防災グッズには、おかゆやアルファ米といった従来型の非常食はもちろん、発電機、照明、ポータブルテレビラジオ(テレビはアナログ対応でいまや映らないそうですが)はもちろん。

簡易トイレに救助用の電動ノコ、消火器、とにかく必要なものとされている防災品はずらり揃っています。その中に防災丸かじりセットも仲間入り。消防士の皆さんからも関心が寄せられ、町内会でも関心度は抜群でした。

今度回覧板で購入しようというお話も頂き、有難い事です。早起きは三文の得でしょうか。

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(kinqjp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他のソーシャルセーフティソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

直下型は311の東京とは全然違う

災害対策は常時意識する必要がある

7月20日の日経新聞は災害対策について随分取り上げられていました。

311東日本大震災の際の「帰宅困難」の状況と、もし、直下型が来た場合の状況とは、全く違うという事を想定しておく必要があると思っています。

津波も東京都内でも相当な被害が出る予想がされていますし、直下ではライフラインもほぼ停止していると考えておかねばなりません。それこそ「うちのビルの1階はコンビニだから非常食は用意しなくて良い」なんて楽観は一番危険です。

その時になって「想定外」なんて言ってても遅いのです。それに今や想定外とは言えない事態が来ることを311が教訓で残してくれています。

当社では本の部分的でしかないのですが、ソーシャルセーフティソリューションを提供しています。「まだ」の企業様、個人様、今のうちに。必要以上に怖がって丁度良いくらいだと思います。

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(kinqjp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他のソーシャルセーフティソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

3.11震災当日の食事

東日本大震災当日のひもじい夜明かし

2011年3月11日の夜の写真が出てきました。3.11東日本大震災のときの唯一口に入れることができた食事がこれです。当時は表参道にいたのですが、近くでアルバイトをしていた娘を拾って、職場で電車動くまで缶詰。食べ物を会にコンビニへ行っても何も無く、唯一あった食べ物がこれ。最後の一袋でした。

帰宅できる翌日のお昼過ぎまで、娘とこれひとつしか食べていなかったので、おなかはグーグーです。ま、何も食べないよりよいのですが。冷たい食事となりました。

しかし、このときの状態と同じ想定での防災準備は、まったく甘いと自分では思っています。電気も通じていて建物の崩壊や津波もなし。

東京の状態は震源から遠く離れた大きな地震でしかなかったわけで、直下型や南海トラフだとこんなものではすまないと想定しています。電気が通じない、コンビにでは買い物どころじゃない、いや津波で沈んでるかも?位に想定しておくべきかもしれません。いつどこで起きるかもわかりませんから尚更です。

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(kinqjp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他のソーシャルセーフティソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

首都直下型地震への備え

首都圏直下はいつ来てもおかしくない

東京7日以内に震度6~7と出たものの結果は何も起きませんでした。

東京7日以内に震度6~7と題した記事が昨日の日刊ゲンダイに掲載され、ネット上ではちょっとした話題になっていました。

発言が25日でしたから25日から起算して7日以内、7月2日までに、震度6か7ということに。この規模の地震が来たら、半端なく大きな被害が出ると思われます。

地震予測は出来ないと言われてもいますし、信憑性は何とも言えませんが、大きな地震が東京を襲う日はあってもおかしくありません。

どこでいつ起きるかわかりませんので、備えも難しいわけですが、少なくとも職場と自宅に、非常用備品は揃えておくに越したことはありません。そして安否確認の手段も点検を。

懐中電灯、電池、ラジオ、携帯系の電池充電器、非常食、飲料水、簡易トイレ、ヘルメット、毛布など、出来るだけ常備するに越したことはありません。

遠く離れた東北の地震で食料も瞬間途絶えています。ものすごく沢山の人がいる東京ですので、ちょっとやそっとではあっという間になくなります。出来ることはやっておく事が肝要だと思います。

安否確認システムを導入している企業は今一度テストを。導入していない企業は311でもちゃんとつながった実績のある唯一の安否確認システム「KinQ.jp」をお勧めします。

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(kinqjp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他のソーシャルセーフティソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

安否確認システムはじめ事業継続(BCP)対策は万全ですか?

大災害時の企業対応

東日本大震災のような大災害時、被災地域にある企業、または事業所をお持ちの企業にとって従業員の安否確認や事業所の状況を素早く把握して、適切な指示を出して企業活動のロスをミニマム化する。なかなか難しい課題です。マニュアルを超えた「想定外」という言葉が躍るほどの災害だったわけですから。

つながる,安否確認,東日本大震災,安否確認システム,携帯連絡網,職員参集,事業継続計画,BCP,災害対策ならば「これから」については今回の事態から学習し、最善策を整え、遺失利益を最小限にとどめる危機管理対策を打つべきだと思います。

平常時の経営は極端な話誰でもできるかもしれません。ピンチやこうした災害などの非常事態にこそ、経営の力量がはっきり見えます。

連絡もおぼつかないような環境での企業にとってのBCPは、短時間での正確な情報収集、事業継続の見込みの把握、そうした情報を元にした経営意思決定と、状況が異なるそれぞれの事業所への的確な指示がその先を決定づけていくと考えます。

それら一連をすべてかなえるツールがこの安否確認システム「KinQ.jp」なのです。BCPデモ出前実施します!お気軽にお問い合わせください。

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(kinqjp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他のソーシャルセーフティソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

安否確認システムの考え方が違うんです

地震という災害はいつどこで起きるかわからない

当社で多くの企業様にご案内している安否確認システム携帯連絡網サービス(KinQ.jp)ですが、地震はもちろん、台風や洪水等の自然災害時、インフルエンザやトラブル時の緊急参集など、地震時の安否確認だけに留まらないサービスなのです。そしてそうした緊急時には混み合う携帯メールにも拘らずスムーズに届くのが特徴。

つながる,安否確認,東日本大震災,安否確認システム,携帯連絡網,職員参集メールはその対応した内容に答えてもらうURLを知らせるものとなります。地震時の安否確認はその一つとなります。

安否確認システム専用の他サービスでは、地震の発生した地域に属する人にのみ配信するなどの設定ができるようです。KinQ.jpも設定しようと思えばできますが、基本全国全従業員配信を推奨しています。

それは地震がいつどこで起きるものか解りませんし、その時出張や旅行などで設定以外の都道府県にいることは大いにあり得るからです。

ならば全く揺れなかった地域の方も、訓練と思い答えて頂き、地震を知り、支援の心構えをして頂ければいいのですから、全員が答えて漏れが無いようにすべきなのです。従業員の安否確認システムは本来そうあるべきと弊社では考えています。

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(kinqjp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他のソーシャルセーフティソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

安否確認システム(サービス)KinQ.jp強化リリース

東日本大震災でもつながったkinqjp

昨年の東日本大震災でも、唯一問題なくつながって、その役割を果たした安否確認システム(サービス)「KinQ.jp」が更に強化されました。大きくは2点となります。1点は画像の通り、お待たせしましたとなりますが、ケータイ回答画面がスマートフォン対応となりました。使いやすさ抜群です。

つながる,安否確認,東日本大震災,安否確認システム,携帯連絡網,職員参集もう一つは、万が一メールが届かない際にも、回答サイトへの自主接続で、適切な設問に回答ができるようになったというものです。

これは繋がらないことを前提としているのではなく、まれにメールアドレス変更して、そのままになっている方や迷惑メール設定を間違えてしてしまった方で届かない状態になっている方への対応策です。

昨今巷で騒がれていて、起きるかもしれないといわれている、首都圏直下型大地震。他社サービスもユーザ数が増えていることもありますが、聞こえる強化策では、また機能しないのではないかと思うのですが…。繋がった唯一のサービス、強化された安否確認システム(サービス)KinQ.jpと、防災非常食と併せて早急な導入決断が迫られつつあります。

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(kinqjp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他のソーシャルセーフティソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ