ホーム

HOME

企業活性化事業

business solution

個人情報保護方針

privacy policy

会社概要

about us

採用募集

recruit

お問い合わせ

contact

RPAソリューション

営業・マーケティングサービス

入札情報速報サ-ビスNJSS

動画制作DOUGAMN

seoマスター

seo内部施策

SLSD

らくらくログ解析

名刺デジタル化サービス

名刺デジタル化サービスLite

papatto

人事・採用支援ソリューション

採用適性検査『ProViT』

採用適性検査ツールTAL

Doctors Me

災害対策ソリューション

安否確認サービス

徘徊対策お守りGPS

非常食セットシリーズ

Posts Tagged ‘事業継続計画’

災害時に重要なのは安否確認後のアクション

同時並行配信で情報収集と適切な指示

安否確認すらでき無かったために気づかない、企業にとって大災害時に「安否確認」だけでは何もできないのが事実です。
東日本大震災では安否確認システムが作動しなかった企業が殆どで、安否確認が取れただけでは企業としてはどうにもなら無いという事実に気がついていません。なので今後起こりうる災害に備えては「安否確認」が取れることだけに注力しています。
たとえ最大手のサービスが万が一にも大災害の輻輳時につながって安否確認が取れても、次の配信はその集計を終わらせて配信を閉じてからです。発生から何時間必要なのでしょうか。
たよれーる携帯連絡網サービス「KinQ.jp」は東日本大震災時にも通常通りつながりましたが、安否確認後の次々と必要となる情報収集や指示が、その指示をする幹部の召集や連絡も全て平行して発信集計ができるのです。
実はこの複数並行配信集計ができることが最重要事項です。しかも確実にメールが届いてアクションが取れることが企業にとって災害時必要なことなのです。

東日本大震災時に安否確認が取れた企業にしか解らない、災害時の企業行動に必要なこと、なのです。多くの企業が気づけなかった企業存続のキーなのです。

kinqjp

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(kinqjp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他の災害対策ソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

安全確認システム「KinQ.jp」の実例レポートをご紹介

kinqjpの稼働実例

安否確認システム「KinQ.jp」12月7日実例レポートをご紹介します。

以下は当社がKinQ.jpをご案内して参りました企業様にメールさせて頂いたレポートです。

先日、12月7日の震度5弱の三陸沖を震源とした地震の際の安否確認携帯緊急メールサービスKinQ.jpのユーザ実情をレポートいたします。ご参考にして頂ければ幸いです。

幸い、地震自体での大きな被害は出ず、また津波も小規模で被害はなかったのが幸いでした。

東京も震度4と、多くの安否確認サービスの自動配信が、震度5以上で設定されていることから配信の対象外であったことで、携帯電話の輻輳も発生しなかったようです。

たよれーる携帯連絡網サービス「KinQ.jp」のご利用企業では対象地域に該当する拠点従業員宛てに自動発信が稼働し、安否確認が以下のような結果となりました。

7日17時18分に震度5弱の地震が発生、地震発生約10分後に自動配信が開始され、仙台、宇都宮、茨城の従業員へ配信。約120名の安否確認を実施し18時30分までに全ての確認作業が完了。とのことでした。

殆どが短時間で確認できたものの、一部の方にメールアドレスの変更登録をしておられない方がおられ、メールが届かなかったケースが数件発生。

今回は携帯電話網の輻輳が無かったために別途連絡が取れ、回答収集が全員分出来ましたが、やはり、年一回程度の訓練では変更登録を忘れが出てしまう可能性が高く、改めて日常での活用がポイントとのお話を伺いました。

日常業務で連絡、共有、通知に活用頂くシーンは多々あるかと存じます。そんな日常業務の配信も簡単に設定できるのがKinQ.jp。いくら配信してもコストに変動はありません。是非日常業務での有効活用をお勧めしたいサービスです。

あの東日本大震災の携帯電話輻輳時にもメールが届き、回答入力も集計も問題なく稼働した信頼の安否確認システム「安否確認・携帯連絡網サービス【KinQ.jp】」この場を借りて、改めてご検討頂けましたら幸いです。

仕組み

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(kinqjp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他の災害対策ソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

今からでも入替をお勧めします

つながらない安否確認システムをまだ契約?

企業団体で使用されている「安否確認サービス」2年前の東日本大震災時には、殆どのサービスが機能せず、安否確認が取れていません。メール配信が輻輳を興してケータイに送れなかったのがその要因の第一。さらに最大手のサービスでは、パソコンの管理画面もつながらない状態に。

競合として商談でぶつかるたびに色々な情報を耳にするのですが、まず「次も」機能しないでしょうというのが私の推測です。たぶんその通りになるんじゃないかな。

自主回答機能が付いたと耳にしますが(もちろんKinQ.jpにもあります)、管理画面すらつながらない状態の中、回答できるんでしょうか。

ただ最大の課題は他のどのサービスも「並行して複数配信(複数情報収集回答)」ができないことです。何故これがポイントかというと、安否だけわかってもどうしようもないからです。次々と情報収集して、意思決定者を招集して、決めて伝える、手を打つ。これができないと意味が無いからです。

何故それが話題にならないか?それは3.11で繋がらなかったので、安否確認すらできておらず、「何が必要か」を殆どの企業、省庁も気づいていないからなのです。

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(kinqjp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他の災害対策ソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

企業は災害時安否の次が重要

安否が判れば次の情報収集と指示

東日本大震災からまもなく2年になろうとしています。東日本大震災時、首都東京は直接的な被害は無かったものの交通網がストップし、食料が街から消え大混乱になりました。人口が多いためケータイ電話も固定電話もつながらない。従業員の安否、家族の安否がなかなか取れず、何もできないもどかしさがありました。

そんな中でも、通常通り(場所により多少の遅延はあったようですが)ケータイメールが届き、安否の確認が取れた企業が幾つもございます。

自社システムで訓練の行き届いた企業様、そしてKinQ.jpを導入されていた企業様がそうです。その企業様たちは気づいたのです。

後者の企業様は、折角繋がってもメアドが変更になっていて修正されていない、または不慣れで回答が出来なかったり。前者の企業様は訓練のおかげで1時間で96%確認が取れたものの、安否が取れてもその後の対処が何もできない事実に気が付かれました。

出社/帰社、取引先、顧客の状況、地域への支援、意思決定できる幹部の召集とその指示伝達。そう並行配信が出来なければ意味がありません。もう一度冷静に何が必要か考えましょう。安否確認すら取れないサービスに費用を投下し続けている場合ではないのです。

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(KinQ.Jp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他の災害対策ソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

あつあつ非常食の新シリーズ

日常減災セットはおいしい非常食の決定版

あつあつ非常食の新シリーズ、「日常減災セット」のパッケージ内容です。写真はさんまのピリ辛煮のセットです。阿多t目方はあつあつセットと同じです。おかずのレトルトと御飯、これを加熱剤を底に敷いた、加熱袋に入れ、加熱材が入っていた袋にある目盛りまでの少量の水を入れて袋のジッパーを閉じます。ジッパーを閉じるのを忘れたら温かくなりませんのでご注意。

すぐに加熱材が水で反応し、大量の蒸気が出ます。加熱袋はジッパーで閉じていますので、横に空いている小さな穴から蒸気が出ます。袋の中は蒸気でパンパンになり、ご飯とおかずが蒸らして温まります。

20分ほどすると蒸気も収まり、蒸気に包まれていたおかずと御飯は、あつあつのホカホカの状態になっています。蒸気で温めますから、非常時には池の水や海水などでも代替できるというわけです。

同梱されているトレーにおかずを移して、さぁ、召し上がれとなるわけです。フォークスプーンで食べます。以前も書きましたが、開発思想が「非常食ありき」ではなく、美味しい普通のレトルト食材を、長持ちさせることのできるレトルトパッキング技術で保存がきく非常食になっていますので、美味しくて当たり前なのです。6種類のおかずでセットにしています。

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(kinqjp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他の災害対策ソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

企業に必要なのは安否確認の次

災害時の情報集と指示

ある大手企業様で自社開発された掲示板型の自主投稿型安否確認システムをお持ちの企業様があります。2011年3月11日の対象地域従業員および対象地域への出張者合計数千名の安否確認を短時間で96%回収されたという素晴らしい実績を誇られています。従業員の訓練が行き届いておられることに感心させられました。しかし、安否確認が取れた企業様にとって、大災害時には「安否確認」の次が極めて重要であることが認識されています。

しかしながら、殆どの企業が3月11日の東日本大震災時に「つながらなかった」ために、安否確認自体ができず、企業として安否確認の次にすべきことに気づきにくい状況にあるのです。

従業員の安否確認はもちろん最重要。では、安否確認がとれたあと、しばらく連絡取れなくて済むのでしょうか?企業ではそうは行かないのです。

地域で必要な物資は、帰宅できるのか?又は出社できるのか?事業所の状況は?事業の継続は可能か?取引先の状況は?様々な事業環境に関する状況の把握と対処善処の集約および指示、その意思決定をする幹部の召集やコミュニケーションを取らなければ、初動の遅さから様々な事業への影響が出てしまうことは、すでに実証されています。安否確認システムというものはつながる事はもちろん、どんな機能が必要かということを考えねばなりません。

その場で配信内容が作れ、輻輳時でも続いて配信できて即時に届くこと。平行して回答収集の配信ができること、様々な配信回答が平行集計できて、その結果を指示など配信がまたできること。従業員の緊急連絡とは安否確認だけではないことがおわかりでしょうか。結構いろいろ手を打たねばならないのです。連絡を取って。

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(KinQ.Jp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他の災害対策ソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

従業員安否確認、確認後のアクション

企業は安否だけ判っても手が打てません

以前から導入されていた企業に加え、さらに多くの企業に「安否確認システム」が東日本大震災を機に導入されています。震災以前から導入されている企業様では、残念ながら最大手のサービスはじめ殆どのサービスが、携帯電話の輻輳で肝心の安否確認すらとることができなかったようです。実は「すら」というところに大きなポイントがあります。

企業にとって従業員の「安否確認」はもちろん人命にかかわることですので、最優先です。全員無事だということがわかったとしましょう。企業としてそれで完了できるでしょうか。

もちろん「No」です。実は多くの企業が安否確認すらとることができなかったために、気づいていらっしゃらないのです。次々と確認すべきことがその状況に応じて出てまいります。事業所の状況は?帰宅できるか?出社は?お客様は?取引先は?その状況を把握して意思決定できる幹部の召集は?

そして決定内容を伝えて、素早く動き、どう対応をとるか。企業というのは日常の業務の流れに突如訪れた非日常に対して様々な対処が必要なのです。多くの安否確認システムは最少容量で動いていますので、そもそも東日本大震災では、管理画面すらつながらないケースが出ていたようですが、そのように容量が小さいため、安否確認集計を終了させて、内容をクリアしないと次の配信ができません。しかも次の配信なるものをその場で自由につくることができません。

ところが大容量で東日本大震災でもちゃんとメールもつながり、安否確認がしっかりとれた「たよれーる携帯連絡網サービス『KinQ.jp』」はそもそも技術的にも大服装をクリアしてつながる技術を保有するのみならず、大容量なので、確認しながら次の確認、前述のような内容を次々と配信、並行して集計ができるのです。企業にとって必要なことは何か。従業員の緊急連絡の本質をとらえた企業にとって必要なシステム導入をお勧めします。

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(KinQ.Jp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他の災害対策ソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

12月7日の地震における安否確認の結果から

地震はいつどこで起こるかわからない

12月7日(金)比較的大きな地震が東日本を襲いました。たまたま出張で西日本におりましたので、地震を体感はせず、たよれーる携帯連絡網サービス「KinQ.jp」の地震速報メールで、この地震を早いタイミングで知ることとなりました。大きな被害は無かったようですし、津波も小規模で津波被害もなかったのが幸いでした。

首都東京も震度4だったようですので、多くの震度5以上で設定されている安否確認サービスの対象外であったことで、短時間各社の一斉配信による携帯電話の輻輳も発生しなかったようです。

たよれーる携帯連絡網サービス「KinQ.jp」のご利用企業様では、対象地域に該当する拠点従業員宛てに自動発信が稼働しています。

7日17時18分に震度5弱の地震が発生、地震発生から気象庁の確定データにより、約10分後に自動配信が開始され、仙台、宇都宮、茨城の従業員へ配信。約120名の安否確認を実施し18時30分までに全ての確認作業が完了。とのことでした。

ただ課題も出ています。やはり発生した課題はメールアドレスの変更登録をしておられず、メールが届かなかったという方が数件、自主回答機能を中心に、今回輻輳が無かったために連絡が取れ、回答収集が全員分完了できたとのことでした。ここで再度認識できたことは、年一回の訓練では登録変更忘れが出てしまう可能性が高く、日常での活用がポイントとのお話を伺いました。

未導入企業様、東日本大震災で繋がらなかったサービスをご利用の企業様、今一度ご検討を。

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(KinQ.Jp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他の災害対策ソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

kinq.jp安否確認システム

安否確認システム「Kinq.jp」

安否確認システム「Kinq.jp」で久しぶりに地震速報が配信されました。

速報配信です。当社では震度5以上での配信設定になっていますので、これが来るという事はそれなりの規模の地震なのです。

職場で、あ、揺れてるねと話していたんですが、震源地宮城で震度5弱、そこそこの規模ですね。津波の心配もないそうなので、被害はなさそうですが、天災は忘れた頃にやってくる。

安否確認の仕組み導入や非常食の備蓄は大丈夫ですか?改めて見直しておきましょう。決して楽観視ができない地震大国ですから。

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(kinqjp)関連ページ:
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他の災害対策ソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

直下型は311の東京とは全然違う

災害対策は常時意識する必要がある

7月20日の日経新聞は災害対策について随分取り上げられていました。

311東日本大震災の際の「帰宅困難」の状況と、もし、直下型が来た場合の状況とは、全く違うという事を想定しておく必要があると思っています。

津波も東京都内でも相当な被害が出る予想がされていますし、直下ではライフラインもほぼ停止していると考えておかねばなりません。それこそ「うちのビルの1階はコンビニだから非常食は用意しなくて良い」なんて楽観は一番危険です。

その時になって「想定外」なんて言ってても遅いのです。それに今や想定外とは言えない事態が来ることを311が教訓で残してくれています。

当社では本の部分的でしかないのですが、災害対策ソリューションを提供しています。「まだ」の企業様、個人様、今のうちに。必要以上に怖がって丁度良いくらいだと思います。

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(kinqjp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他の災害対策ソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ