トップページ 企業活性化事業 個人情報保護方針 会社概要 採用募集 お問合せ

サービス比較ページの紹介メニュー

ビビッド・ジャパン提供サービス比較

1.採用適性検査の比較(大別して特長を比較)

適性検査 比較適性検査(採用適性検査ツール)は、比較の上で大別すると、メンタル傾向、不祥事の発症傾向や離職傾向などを測定し、不適正な人材を採用しないための脳科学統計学系の検査と、面接の補助や採用後の配属や、その後のマネジメントに活用する傾向の強い心理学系の適性検査があります。
ここでは、その大きく二つに大別される切り口で比較。主なツールの選択や表現は当社の経験からの見解で記述されています。

2.入札情報サービス比較

入札情報速報サービスNJSS インターネット上に公開されている全ての入札公告、その入札情報を自ら収集するには限界があります。一人20省庁担当して3人で1時間収集活動を行ったとしても、60省庁分の入札公告しか集められないのです。そこで入札に強い多くの企業が、その収集パワーを有料の入札情報サービスに委ね、自分たちはその精査や仕様書の取得、競合情報の収集などより高度なワークに力を注ぐようになっていらっしゃるところが多いようです。
 そうした入札情報サービスが主なもので、比較上4種類あるといわれていますので公開情報を基に作成された比較表をご紹介します。企業名や詳細情報をお知りになりたい方は、お気軽に弊社までお問合せ下さい。

3.安否確認システム比較

kingjp
東日本大震災では関東はライフラインはすべて無事でしたが、NHKが開発したkinqjp以外のサービスは、いずれの安否確認サービスもつながりませんでした。毎月費用を払っていながら全く使えなかったと、他社のサービスを契約されていたお客様の多くは怒り心頭でした。
繋がらなかった要因をすべてキャリアのせいにして、管理画面すらつながらかったこと(PCからの接続)で、システムそのものの脆弱性、容量の圧倒的不足も露見したようです。首都直下がもしやってきたら、東日本大震災時に繋がらなかったシステムがつながるとは思えない、との声が上がっています。実態ベースで比較。

4.SEO対策手法の比較

SEO対策の比較
サイトコンテンツの充実と検索上表示の両立、すなわち「人の目」からも「検索エンジンの目」から見ても、解り易く価値のあるサイト構造にすることが、インターネット上でのサイト存在価値そのものを高めることになるのではないでしょうか。すなわち検索エンジンからの評価だけでなく、人の目を意識したSEO対策が必要になってきています。かつて主流だった被リンクSEO対策と、今主流となっている内部施策SEO対策を比較してみます。

■関連営業支援サービス
入札情報速報サービス
SEO対策ツール「seoマスターProfessional」
SEO対策セミナー開催中!
SEO内部対策サービス
webサイト制作の理想形「SLSD」
来訪企業名がリスト化されるログ解析「らくらくログ解析」

関連人事支援・採用支援サービス
SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
最強最新の採用適性検査「ProViT」
マイナンバー収集・保管クラウドサービス
バーチャル会社説明会プレゼン動画『SVPPT』

■関連防災対策サービス
 安否確認システム(サービス)KinQ.jp
 安否確認システム(サービス)KinQ.jp機能・特長
 人気の非常食「防災丸かじりセット」
 あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
 あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
 5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ


営業・マーケティングサービス

入札情報速報サ-ビスNJSS

動画制作DOUGAMN

seoマスター

seo内部施策

SLSD

らくらくログ解析

GAレポート

名刺デジタル化サービス

名刺デジタル化サービスLite

papatto

人事・採用支援ソリューション

採用適性検査『ProViT』

採用適性検査ツールTAL

マイナンバー収集保管

Doctors Me

災害対策ソリューション

安否確認サービス

徘徊対策お守りGPS

非常食セットシリーズ

防災丸かじりセット

防災あつあつセット

防災あつあつロングライフ

日常減災セット