トップページ 企業活性化事業 個人情報保護方針 会社概要 採用募集 お問合せ

営業・マーケティングサービス

入札情報速報サ-ビスNJSS

動画制作DOUGAMN

seoマスター

seo内部施策

SLSD

らくらくログ解析

GAレポート

名刺デジタル化サービス

名刺デジタル化サービスLite

papatto

人事・採用支援ソリューション

採用適性検査『ProViT』

採用適性検査ツールTAL

マイナンバー収集保管

Doctors Me

災害対策ソリューション

安否確認サービス

徘徊対策お守りGPS

非常食セットシリーズ

防災丸かじりセット

防災あつあつセット

防災あつあつロングライフ

日常減災セット

災害時に重要なのは安否確認後のアクション

同時並行配信で情報収集と適切な指示

安否確認すらでき無かったために気づかない、企業にとって大災害時に「安否確認」だけでは何もできないのが事実です。
東日本大震災では安否確認システムが作動しなかった企業が殆どで、安否確認が取れただけでは企業としてはどうにもなら無いという事実に気がついていません。なので今後起こりうる災害に備えては「安否確認」が取れることだけに注力しています。
たとえ最大手のサービスが万が一にも大災害の輻輳時につながって安否確認が取れても、次の配信はその集計を終わらせて配信を閉じてからです。発生から何時間必要なのでしょうか。
たよれーる携帯連絡網サービス「KinQ.jp」は東日本大震災時にも通常通りつながりましたが、安否確認後の次々と必要となる情報収集や指示が、その指示をする幹部の召集や連絡も全て平行して発信集計ができるのです。
実はこの複数並行配信集計ができることが最重要事項です。しかも確実にメールが届いてアクションが取れることが企業にとって災害時必要なことなのです。

東日本大震災時に安否確認が取れた企業にしか解らない、災害時の企業行動に必要なこと、なのです。多くの企業が気づけなかった企業存続のキーなのです。

kinqjp

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(kinqjp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他の災害対策ソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

Comments are closed.