トップページ 企業活性化事業 個人情報保護方針 会社概要 採用募集 お問合せ

営業・マーケティングサービス

入札情報速報サ-ビスNJSS

動画制作DOUGAMN

seoマスター

seo内部施策

SLSD

らくらくログ解析

GAレポート

名刺デジタル化サービス

名刺デジタル化サービスLite

papatto

人事・採用支援ソリューション

採用適性検査『ProViT』

採用適性検査ツールTAL

マイナンバー収集保管

Doctors Me

災害対策ソリューション

安否確認サービス

徘徊対策お守りGPS

非常食セットシリーズ

防災丸かじりセット

防災あつあつセット

防災あつあつロングライフ

日常減災セット

企業に必要な防災備蓄品ミニマム3種

防災グッズの最低限

今年の4月(2013年4月)より東京都の「帰宅困難者対策条例」が施行されます。条例通りに従業員数+αの3日分を整えると少し過剰な量になる可能性もあります。とはいえ首都直下が来て大災害となったら条例通りにそろえても不足するかもしれません。判断が難しいところですが、コストも保管場所もかかりますので現実的に考えるしか無いようです

人が生きていくためには最低限必要な生理現象への対応が必要です。それは食べること、排泄、睡眠。この3つだと個人的に思っています。何はともあれ飲食物はまず必須です。生きていくうえでは絶対に必要不可欠、これ無しには生きていけません。

次は排泄です。これも生理現象ですから避けようがありません。ライフラインがストップすればたちまち企業のトイレは凄い事態になります。大災害時には簡易トイレは必須でしょう。都心では街中で垂れ流すわけには参りませんから。

そして寝ること。夏場ならまだしも寒い時期だと人が集まっても暖を取れても寝るにはキツイ。なので毛布が必要かと思います。

毛布は夏場は要らないかもしれない、トイレも3.11の等級王のようなライフラインが無事である場合なら必要はありません。でも飲食はどんな状況でも必要ですね。企業必要最低限セット、画像のようなセットでご提供します。数は3日分とはいえ従業員数×3ではなく、日数ごとに減らす方式で、初日全員分、二日目半分、3日目は2日目の1/3という具合です。いつでもご相談ください。

安否確認システム「たよれーる携帯連絡網サービス」(kinqjp)関連ページ

「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpトップ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp機能・特長へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」比較へ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jpのFAQへ
「たよれーる携帯連絡網サービス」KinQ.jp最新情報へ

その他の災害対策ソリューション:
調理一切不要。そのまま食べておいしい、今人気の非常食「防災丸かじりセット」
防災非常食「防災丸かじりセット」
試食レポートはこちら
あつあつ美味しい非常食セット日常減災セット
あつあつの美味しい保存食「防災あつあつセット
5年長期保存の美味しい非常食「防災あつあつロングライフ

Comments are closed.