トップページ 企業活性化事業 個人情報保護方針 会社概要 採用募集 お問合せ

営業・マーケティングサービス

入札情報速報サ-ビスNJSS

動画制作DOUGAMN

seoマスター

seo内部施策

SLSD

らくらくログ解析

GAレポート

名刺デジタル化サービス

名刺デジタル化サービスLite

papatto

人事・採用支援ソリューション

採用適性検査『ProViT』

採用適性検査ツールTAL

マイナンバー収集保管

Doctors Me

災害対策ソリューション

安否確認サービス

徘徊対策お守りGPS

非常食セットシリーズ

防災丸かじりセット

防災あつあつセット

防災あつあつロングライフ

日常減災セット

企業リストが新規開拓成功の鍵

新規開拓はリストの良し悪しで決まります

営業活動する上で最も重要なKSFはやはりアプローチリストだと思います。いや、断言します。お決まりの帝国データ上場企業一都三県、アプローチ先はシステムなら「情報システム部門」。この方々にどれくらい沢山の色々なアポ取りコールやDMが入ることでしょう。営業電話お断りが増えるはずです。

キーワード検索結果で順位が下のほうに出る企業様には、それこそ週に二桁の営業電話が入るそうです。「このままでは…」と脅しのような営業電話もあるとか。

どれだけ優れた営業マンでも、受付から取り次いでもらえなければ成果は出ません。ニーズがお有りであろう状態にあるリストを作れれば随分違います。

web上の企業情報(会社概要)からWebサイトに記載してある情報、今現在の情報をキーにしてリストを作る。もちろん万能ではないですが、どんなキーワードで探せば、「自社商材のニーズがある企業リスト」が作れるか。弊社でも工夫して高い成果を出しています。ターゲット企業リストが成果を左右する、自身の実践からそう確信しています。

営業支援サービス
SEO対策ツール「seoマスターProfessional」
 SEO対策セミナー開催中!
SEO内部対策サービス
GAレポート(GoogleAnalytics解析レポート)
webサイト制作の理想形「SLSD」
来訪企業名がリスト化されるログ解析「らくらくログ解析」
・名刺デジタル化、スマホ活用も「名刺デジタル化サービス【Lite】
プレゼン動画の決定版「SVP」シリーズ
IT業界の営業アウトソーシング「ITOサービス」
エクゼクティブクラスのセミナー集客「大礼紙DM」
入札・落札情報サービス「入札情報速報サービスNJSS」

Comments are closed.