トップページ 企業活性化事業 個人情報保護方針 会社概要採用募集 お問合せ

営業・マーケティングサービス

入札情報速報サ-ビスNJSS

動画制作DOUGAMN

seoマスター

seo内部施策

SLSD

らくらくログ解析

CLOUDPLAYライトプランB

papatto

SNS配信運用CLUDPLAY

名刺デジタル化サービス

営業支援アウトソーシング

IT営業アウトソーシング

役員・部門長セミナー集客支援

人事・採用支援ソリューション

採用適性検査『ProViT』

採用適性検査ツールTAL

マイナンバー収集保管

バーチャル会社説明会

Doctors Me

SNSビジネス運用支援サービス

災害対策ソリューション

安否確認サービス

非常食セットシリーズ

おいしい非常食 丸かじりセット

防災あつあつセット

防災あつあつロングライフ

温かい非常食 日常減災セット

採用NGとなる人は平均7人に1人

採用しちゃダメな人は平均7人に1人

平均すると14%、すなわち7人に1人、が採用すると経営リスクにつながる可能性がある人という判定が出るのです。そのリスクを回避しないでもかまないという企業様は、まずいらっしゃらないと思います。

後の祭りですが、採用して「面接では問題なかったんだが」と困った人材の対処に、苦労されている経営者の方々、人事の方々のお話はよく耳にします。 辞めさせるわけにもいかず、管理の労力と社内コストをかけてしまった話はうなずかれる人事の方も多いのではないでしょうか。b0040332_109533.jpg

一人採用するにはそのコストとして、平均300万くらいかかると言われています。どころか困った人材の対応に、さらに社内コストがかかるわけですから、相当な額になってきます。

1人当たりの受検料僅か3,000円でそのリスクを低減できるなら、採用リスクのある人材を見出すことに注力した、採用適性検査『ProViT』を導入することを強くお勧めします。

応募が少ない中、排除するための適性検査はちょっとなぁ、と抵抗のある企業様、不適正となる箇所が明確に出ます。是非適性検査の比較検討してみて下さい。

採用するしないは企業判断。NGとなっていてもマネジメントでカバーできるなら、その判断はツールの依るところでは有りませんが、リスの部分をケアできるのと、判らないままとでは、それだけでも随分違います。採用はやはりお勧めはしませんが、、、

採用適性検査『ProViT』無料トライアル受付中

各種人事支援・採用支援サービス
SNSを活用した採用支援サービス
SNS採用活動を支える配信運用分析ツール「CLOUDPLAY」
最強最新の採用適性検査「ProViT」
採用適性検査「TAL」
適性検査の比較研究
マイナンバー収集・保管クラウドサービス
バーチャル会社説明会プレゼン動画『SVPPT』
法人向けWEB(PC/スマホ)医療相談「Doctors Me」 30分以内100%回答
自社リクルートページへの検索誘導に「seoマスターProfessional」

Comments are closed.